Blizzミーティングについて

評価なし

ミーティングでは、様々な方法で 他の人とのコラボレーションが可能です。Blizzを使用すると、画面のコンテンツを共有したり、オーディオまたはビデオ接続を確立することができます。 

 

Blizzミーティングはどれほどの種類がありますか?

Blizzでは、次のタイプのミーティングを使用できます。

  • 画面共有

ミーティングを画面共有で開催する場合、参加者は発表者の画面の内容を見ることができます。 

の画面が共有されている場合、Blizzミーティングではこのように見えます。

 

Bild 2.png

 

注意: デフォルトでは、画面はミーティングの開始時に直接共有されます。これを避けたい場合は、設定を変更する方法については、 こちらの記事をご覧ください。

  • 音声通話

音声通話は、デバイスに接続されたヘッドセットを備えたVoIP(Voice over IP)または電話を介して確立することができます。Blizzでは、VoIPと電話を混在させることが可能です。

Blizz音声通話ではこのように見えます。

 

Bild 15.png

 

  • ビデオ通話

音声に加えて、ビデオ接続を介してカメラ画像を共有することができます。参加者にはウェブカメラが必要です。

Blizzビデオ電話会議ではこのように見えます。

 

Bild 10.png

 

ミーティングID

ミーティングIDはミーティングの一意識別子です。 ミーティングIDを参加者と共有して参加できるようにする必要があります。 

割り当てられるさまざまなミーティングIDは次の通りです。

  • Blizzは、各デバイスに固有のミーティングIDを作成します。Blizzアカウントでログインしていない場合に自らミーティングを開始すると、このIDが使用されます。
  • Blizzアカウントを作成すると、アカウントにログインしているすべてのデバイスで使用できる個人的なミーティングIDが送られます。また、 このIDを使って他の人々にもアクセスできます。 こちらで、Blizzアカウントの作成方法について詳しく説明しています。
  • スケジューラを使用してミーティングを計画する場合、各ミーティングには一意のIDが割り当てられます。一意のIDは再利用または削除できます。 

役割

Blizzを使ってコミュニケーションを行う人は誰でも参加できます。さらに、具体的な役割である開催者発表者が作成されます。

開催者は、ミーティングを開始して他人を招待する人物です。

発表者は画面を共有する人です。ミーティングの始めは、開催者は発表者でもありますが、発表者または開催者の役割を別の参加者に割り当てることができます。

こちら で、ミーティング中の役割の変更方法について詳しく説明しています。 

自発的なミーティングと計画的なミーティング

いつでもミーティングを開始することができます。これは自発的なミーティングと呼ばれます。自発的なミーティングは [ミーティング] タブ、[連絡先リスト]、またはBlizz[チャット]を使用して開始できます。さらに、後の時点でミーティングを計画し、事前に参加者を招待することもできます。計画的なミーティングはすべて [スケジューラ] タブに表示されます。

 

Bild 22.PNG

 

こちら で、ミーティングの計画と再利用の方法について詳しく説明しています。 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎23 7 2018, 2:56 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: