Endpoint Protection - ファイルのウィルスチェック

評価なし

この記事はリモートマネージメントをご購入のお客様に該当する内容です。

 

概要

TeamViewer Endpoint Protectionはコンピュータをウイルスのない安全な状態に保ちます。これにより、ウイルス、トロイの木馬、ルートキット、スパイウェアなどの脅威からコンピュータを保護します。オンライン/オフラインに関わらず365日24時間対応可能で、スキャンポリシーごとに時間、範囲、およびスキャン方法を指定し、多様なコンピュータやグループに適用します。

 

エンドポイントの保護

コンピューターウイルスは、実行されると他のコンピュータープログラムを変更し、独自のコード[1] を挿入することによって自分自身を複製するコンピュータープログラムの一種です。この複製が成功すると、影響を受けた領域はコンピューターウイルスに「感染した」と判断されます。

TeamViewer エンドポイントプロテクションはウイルスであるファイルまたはアプリケーションを検出し、感染したと報告するシステムがあります。

 

診断

ウイルスで実行できる唯一の方法は、駆除または削除です。一般的にウイルスは検疫できないため、ここで行われる主な方法は駆除となります。

ここでは駆除及び削除に失敗した際の状況説明をいたします。

駆除に失敗する理由は次のとおりです。

  • 感染したアプリケーションの駆除試行に対してウイルスが保護をしました。
  • マルウェアがジェネリックウイルスを検出し、このタイプのウイルスを駆除するための適切なルーティンではありませんでした。

削除操作が失敗する理由は次のとおりです。

  • 削除をしようとした際にウィルスが保護をしました。
  • ウイルスに感染したアプリケーションは、システムまたは別のアプリケーションによってロックされています。

 

解決方法

以上のような状況での対応方法は、調査のために感染したアプリケーションのサンプルを収集し、感染したファイルを削除することです。

  • 報告されたアプリケーションに危険性がないこと、または日々の運用に必要なアプリケーションでないことを確認してください。またアプリケーションの再インストールが必要になる場合があります。
  • マネージメントコンソールの脅威の詳細ダイアログを使用して、サンプルを収集して削除するために、アプリケーションが正確に検出された場所を確認します。
  • 以下の手順を使用して、分析用のサンプルをお送りください。(誤検出)
  • 件名をマーク:ウイルス-感染

 

誤検出

まれに検出されたファイルが誤検出である場合、分析のためご報告してください。調査によりアプリケーションがウイルスではないことが確認された場合、24時間以内に検出が削除されます。

状況の詳細な調査についてはこちらよりサポートにご連絡ください。

  1. 件名をマーク:ウイルス-誤検出
  2. マネージメントコンソールからの脅威の詳細のコピーと感染したアイテムのパスを添付します。
  3. ファイルをzip / rarとしてアーカイブし、パスワードを保護します:感染
  • パスワード保護されていないファイルは、内部システムによってブロックされます。
バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎06 2 2020, 10:49 AM
更新者:
 
寄稿者: