Endpoint Protection - 感染していると報告されたファイルについて

評価なし

この記事はリモートマネージメントをご購入のお客様に該当する内容です。

 

 

概要

検出されたファイルがウィルス感染していると見なされ、自動修復手順に失敗するケースもございます。通常手順は最初に隔離し後で質問がなされるようになっています。

 

診断

マルウェアエンジンがファイルをウィルス感染したと報告する理由はいくつかあります。

  • 検出されたファイルは、以前のセキュリティソリューションの古い隔離フォルダーにあります。
  • 検出されたファイルはクラウド同期フォルダー(Dropbox、Box、OneDriveなど)にあり、エンジンにはそこからファイルを抽出する権限がありません。
  • 検出されたファイルは、アプリケーションから保護されたアーカイブにあります。

 

解決

この場合の最善の対策は、感染したファイルが検出されたフォルダーを除外することです。

  • 検出されたファイルのパスは、マネージメントコンソールの拡張脅威ダイアログまたはメールレポートに書き込まれます。

検出されたファイルが不要であることがわかっている場合(古い検疫フォルダーである場合)手動で削除できます。

上記の手順で解決しない場合やご質問がある際には、サポートチケットにてサポート部へお問い合わせくださいませ。

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎11 2 2020, 3:42 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: