デバイスをTeamViewerアカウントに割り当てる方法

評価なし

 この記事では、すべてのTeamViewerライセンスに該当する内容を扱っています。

デバイスをTeamViewerアカウントに割り当てると、デバイスを常にアカウントによってリモートから管理して監視することができます。

デバイスをリモートから監視することで、以下のような一般的な問題を確認することができます。

  • アンチウイルス保護が古くなっている
  • ファイアウォールが無効になっている
  • Windowsアップデートが行われていない
  • ディスクドライブに未使用領域がない。

また、さらに詳細に監視してマルウェア対策を実行するため、リモートマネージメントエンドポイントのいずれかを有効化することもできます。

 

アカウントにデバイスを割り当てる方法

  1. 希望するリモートデバイスでTeamViewerオプションを開きます。その他 > オプション > アカウントに割り当て...を選択します。
    2020-01-03 17_31_24-Window.png

    注意: Macでは、TeamViewer > 設定全般アカウントの割り当て > アカウントに割り当て...に移動します。

  2. アカウントでサインインしていない場合、TeamViewerアカウントのログイン情報を入力して、割り当てをクリックします。
    assisgn 1.PNG
     

    注意: 資格情報がデバイスで初めて使用される場合は、デバイスを信頼済みデバイスとして追加する必要があります。信頼できるデバイスの詳細については、こちらをご覧ください。デバイスを信頼できるデバイスとして追加したら、このウィンドウに戻り、再度ログインしてデバイスを割り当てます。


  3. オプションダイアログに、現在の割り当てが表示されます。assign 4.png

 

デバイスをリモートから割り当てる方法

ソフトウェアのエンドポイントへのロールアウトにホストモジュールを使用している場合、デバイスは、連絡先リストに自動的に割り当てられて追加されます。

ヒント: 詳細は、TeamViewerモジュールをブランディングする方法(英文)をご確認ください。

デバイスが割り当てられていない場合、これをリモートから割り当てる方法が2つあります。
割り当てるには、デバイスがオンライン状態である必要があります。

 

ソフトウェアから

  1. デバイスの設定アイコンをクリックします。
  2. アカウントに割り当て...をクリックします。assign 5.png

     

     

  3. このデバイスに対して保存されていない場合、パスワードを入力しますassign 6.png

     

  4. 完了です。

 

マネージメントコンソールから

  1. デバイスの隣の設定アイコンをクリックします。assign 7.png

     

  2. 設定をクリックします。MCO 2 Assign Device (Device Preferences).png

     

  3. 適用するポリシーを選択します (これを実行するポリシーが必要です)
    (ポリシーについては、「新しい設定ポリシーの追加方法」を参照してください)
  4. その連絡先に対して保存していない場合は、パスワードを入力しますMCO 3 Assign Device (Enter Password).png

     

  5. 以上で設定が終了です。
バージョン履歴
改訂番号
13/13
最終更新:
2 週間前
更新者:
 
寄稿者: