マスデプロイメント(MSI)の改善について

評価なし

この記事は、コーポレートまたはテンサーライセンスをご利用のお客様に適用されます。

またTeamViewerバージョン13.2以上をご利用であることが条件となります。

サポートされているWindowsバージョンはWin 7、Win 8、Win 10です。

 

 

Windows上にてTeamViewer ホストおよびTeamViewer フルバージョンを一括展開する方法について説明します。

インストール

Windowsの場合TeamViewerには2つのMSIインストーラがあります:

  1. TeamViewer_Host.msi:TeamViewerの(カスタマイズされた)ホストモジュールをインストールします。
  2. TeamViewer_Full.msi:TeamViewerのフルバージョンをインストールします。

 

標準のホストクライアント

ユーザーの介入なしに大規模に展開、及びTeamViewerをインストールするには、シナリオでスクリプト内から、もしくはコマンドラインから直接、または展開ソリューション内で次のコマンドを使用するだけです。

  1. msiexec.exe /i "<path to your TeamViewer_Host.msi>" /qn

 

プロパティ/ iは、インストールを実行することを示します。

/ qnプロパティはインストールを強制的に強制します。つまり、インストール時のユーザー操作は必要ありません。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn

TeamViewerのインストールには管理者権限が必要です。インストールを制御するために使用できるWindowsインストーラのプロパティがあります。コマンドプロンプトに次のように入力してください。msiexec.exe /?

 

カスタマイズされたホストクライアント

ユーザーの介入なしにカスタマイズされたホストをインストールする場合は、次の手順を実行する必要があります。

  1. 新しいカスタマイズを作成するか、既存のカスタマイズを開きます。

カスタマイズモジュールの作成方法:「カスタマイズ&配布」ページにアクセスして、TeamViewerマネージメントコンソールでカスタマイズを設定します。ホストのカスタマイズを作成すると、Configuration IDが生成されます。開いているページの下部にある対応するモジュールエントリの「編集」をクリックすると、そのモジュールエントリを見つけることができます。Mass deploy (1).png

 

 

  1. カスタマイズしたホストからConfiguration IDをコピーします。
  2. 管理者権限でWindowsコマンドプロンプト(CMD)を開くか、スクリプト(バッチなど)を介してMSIを実行します。

コマンドプロンプトは管理者として起動する必要があります。スクリプト内でMSIを実行する場合は、スクリプトも管理者権限で実行する必要があります。

  1. コマンドプロンプトに次のように入力します。msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi>" /qn CUSTOMCONFIGID=<YOUR_CUSTOMCONFIG_ID>

    msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn CUSTOMCONFIGID=<YOUR_CUSTOMCONFIG_ID>


  2.  以下は、デバイスを割り当ててカスタマイズするために必要となります。
    msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn CUSTOMCONFIGID=$CONFIGID APITOKEN=$YOURTOKEN ASSIGNMENTOPTIONS="--grant-easy-access"

 

 

フルバージョン

ユーザーの介入なしに大規模な展開シナリオでTeamViewerをインストールするには、次の手順を実行する必要があります。

  1. 管理者権限でWindowsコマンドプロンプト(CMD)を開くか、スクリプト(バッチなど)を介してMSIを実行します。

コマンドプロンプトは管理者として起動する必要があります。スクリプト内でMSIを実行する場合は、スクリプトも管理者権限で実行する必要があります。

  1. コマンドプロンプトに次のように入力します。msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Full.msi>" /qn プロパティ/ iは、インストールを実行することを示します。

/qnプロパティはインストールを強制的に強制します。つまり、インストール時のユーザーの操作は不要です。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Full.msi" /qn

Windowsインストーラについて:インストールを制御するために使用できるWindowsインストーラのプロパティがさらにあります。コマンドプロンプトに次のように入力します。msiexec.exe /?

 

インストールの設定

TeamViewerの設定を適用する

インストールにあらかじめ定義されたTeamViewer設定を提供する場合は、次の操作を実行できます。

  1. 設定ファイル "TeamViewer_Settings.reg"(ファイル名は必須)をMSIファイルと同じディレクトリに配置します。

設定ファイルを取得する方法:TeamViewerを1台のコンピュータにインストールし、必要に応じて設定します。カテゴリの[オプション]ダイアログ(エクストラ|オプション)で、 "詳細..."ボタンを使用して "エクスポート..."ファイルをエクスポートし、 "TeamViewer_Settings.reg"という名前を付けます。

  1. msi(バージョン13.2以降)またはTeamViewer_Full.msi(バージョン14.0以上)をインストールするときは、コマンドにIMPORTREGFILE = 1プロパティを追加します。 0はIMPORTREGFILEのデフォルト値であり、設定をインポートしません。

 

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn IMPORTREGFILE=1

 

ホストまたはフルクライアントをアカウントに割り当てる

一括デプロイメントプロセスでは、新しいTeamViewerインストールを既存のアカウントに割り当てると便利です。次の方法で行うことができます:

  1. ASSIGNMENTOPTIONS = "<ここにあなたの割り当てオプションを追加>"というプロパティをコマンドに追加してください。
msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn ASSIGNMENTOPTIONS="--group MyGroup"

 

 

プロパティの構成について

パラメーター

対象のモジュール

内容

CUSTOMCONFIGID

ホスト

カスタムホストをインストールするためのTeamViewer マネージメントコンソールで提供される設定ID。

DESKTOPSHORTCUTS

ホスト
フルバージョン

デスクトップショートカットを作成するかどうかを制御します。1:ショートカットを作成します(デフォルト)0:ショートカットを作成しません。

APITOKEN

ホスト
フルバージョン

TeamViewerマネージメントコンソールで提供されているAPIトークンを使用して、アカウントに割り当てます。

ASSIGNMENTOPTIONS

ホスト
フルバージョン

1:設定はTeamViewer_Settings.regファイルからインポートされます。

0:インポートする設定がありません。

IMPORTREGFILE

ホスト
フルバージョン

 追加パラメータの可能性

 

 

TeamViewerのアップデート

TeamViewer_Host.msi

TeamViewerホストクライアントをインストールし、既にTeamViewerバージョンがインストールされている場合は、特定のアップグレードパスがサポートされていることを確認する必要があります。次の表は、インストールが可能な場合と、以前のバージョンをアンインストールする必要がある場合について説明しています。

 

既存のTeamViewerとバージョン

TeamViewer_Host.msi(TV 14.1)をインストールするときの動作

対応方法

フルバージョン 

インストールは実行されません

  1. フルバージョンのアンインストール
  2. msiの実行

ホストモジュール (インストールしたものと同じバージョン)

インストールは実行されません

  1. ホストモジュールのアンインストール
  2. msiの実行

ホストモジュール (バージョン 13.2以上)

インストールの成功

-

ホストモジュール (バージョン 13.1 またはそれ以下)

インストールは実行されません

  1. ホストモジュールのアンインストール
  2. msiの実行

 

TeamViewer.msi

TeamViewer フルバージョンをインストールし、既にTeamViewerバージョンがインストールされている場合、TeamViewer_Full.msi(TV 14.0)は以前にインストールされたバージョンのTeamViewerと互換性がないとみなす必要があります。

既存のTeamViewerとバージョン

TeamViewer.msiをインストールするときの動作

対応策

フルバージョン (インストールしたものと同じバージョン)

インストールは実行されません

  1. フルバージョンのアンインストール
  2. msiの実行

フルバージョン(14.0以上)

インストールの成功

-

フルバージョン (13.2 以下)

インストールは実行されません

  1. フルバージョンのアンインストール
  2. msiの実行

ホストモジュール (すべてのバージョン)

インストールは実行されません

  1. ホストモジュールのアンインストール
  2. msiの実行

 

 

TeamViewerのアンインストール

必要に応じてTeamViewerをアンインストールできます。(ホストからフルバージョンに切り替える場合など)

  1. インストールにも使用したのとまったく同じWindows MSIインストーラを使用します。
  2. オペレーティングシステム機能を使用します。

 

Windowsインストーラによるアンインストール

アンインストールコマンドは、WindowsのMSIインストーラ(/ uninstallまたは/ x)から使用できます。アンインストールには適切なMSI(フルまたはホスト)を使用してください。

msiexec.exe /uninstall "Path\To\TeamViewer_Host.msi"

 

管理者権限は、コマンドラインを開始するときに必要です。

 

割り当て

概要

TeamViewerホストまたはフルクライアントは、TeamViewerアカウントに割り当てられるように設定できます。これは、インストール処理中に行うことができます。

この説明は、TeamViewer 14.xおよびホストv13.2に有効です。

次の2つの方法でデバイスをTeamViewerアカウントに割り当てることができます。

  1. Windows MSIインストーラ(msiまたはTeamViewer_Host.msi)を使用します。
  2. インストール後のTeamViewer実行可能ファイル(exe)を使用します。

旧バージョンのTeamViewerをお持ちの場合は、割り当てツールを使用して勘定割当を行う必要があります。これに関する詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

割り当ての実行方法

課題を行うには、次のものが必要です。

  1. (必須)有効なAPIトークン。
  2. (任意)割り当てオプションを使用して、デバイスをどのように割り当てるかをより正確に定義します。

 

APIトークンは、次の2つの方法で取得できます。

  1. 作成時に割り当てツールを使用してアカウント割り当てを許可するオプションをオンにしている場合は、カスタムホスト設定から選択します。
  2. あなたのユーザープロフィール>アプリでスクリプトトークンを作成することができます。このスクリプトトークンには、少なくとも次のアクセス許可が必要です。
  • グループ管理→グループの表示
  • コンピュータと連絡先→項目の表示、追加、編集、削除

 

Windows MSIインストーラによる割り当て

インストールプロセス中に割り当てを行うには、MSIインストーラを実行し、プロパティAPITOKENとオプションでプロパティASSIGNMENTOPTIONSを追加するだけです。

  • ホストクライアント:
msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> [ASSIGNMENTOPTIONS="<YOUR OPTIONAL SETTINGS>"]
  • フルバージョンクライアント:
msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Full.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> [ASSIGNMENTOPTIONS="<YOUR OPTIONAL SETTINGS>"]

 

 

TeamViewer実行ファイルによる割り当て

TeamViewer Hostまたはフルバージョンがすでにインストールされている場合は、割り当てを行うこともできます。 TeamViewerは、割り当てたい端末で起動することが重要です。

TeamViewer.exe(または単にTeamviewer)をコマンド "assign"で呼び出し、その後に--api-tokenプロパティと割り当てオプションを指定します。

TeamViewer.exe assign --api-token <APITOKEN> [--group-id <GROUP_ID> --grant-easy-access --reassign --proxy <YOUR_PROXY> --proxy-user <YOUR_PROXY_USER> --proxy-pw <PASSWORD>]

 

 

割り当てオプション

 

オプション

内容

--alias[<name>]

コンピュータと連絡先リストの新しいデバイスのエイリアス。デバイスがすでに連絡先リストにある場合、エイリアスは適用されません。

  1. -alias (without value) → alias of the computer will be the teamviewerID
    msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--alias --group MyGroup"
  2. -alias hallo → alias of the computer will be "hallo"
    msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--alias hello --group MyGroup"
  3. alias parameter not specified → alias of this computer will be %computername%

    msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--group MyGroup"

--grant-easy-access

割り当て後に簡単にアクセスできるようにします(TeamViewerの「簡易アクセスを許可」オプションと同じ)

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--grant-easy-access --group MyGroup"

--reassign

デバイスがすでにアカウントに割り当てられている場合でも、デバイスをアカウントに割り当てます。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--reassign --group MyGroup"

--group<name>

デバイスが追加されるグループの名前。グループが存在しない場合、自動的に作成されます。デバイスが既に別のグループのコンピュータと連絡先リストに存在する場合、そのグループに移動されません。

*カスタムホストが使用されていない場合にのみ必要です。カスタム設定で既定のグループが既に定義されているためです。

カスタム設定でデフォルトグループがすでに定義されているため、カスタムホストを使用する場合は不要です。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--group MyGroup"

--group-id<ID>

このオプションは、グループのIDがわかっている場合は、--groupパラメーターを使用する代わりに使用できます。これは、非常に大規模な顧客環境では、割り当て作業のスピードアップに役立ちます。通常は--groupを使用すれば十分です。

マネージメントコンソールにログインし、グループをクリックしてURLを確認すると、group-idを見つけることができます。 URLの最後に "g / 12345678"があります。

グループIDを取得するために "/"を削除してください。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--group-id 123"

--proxy<name>:<port>

プロキシのURL(割り当ての場合のみ) :例: --proxy yourproxy:3201

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--proxy yourproxy:3201 --proxy-user FooBar --proxy-pw mypass --group MyGroup"

 URL の「http://」は省いてください

--proxy-user<name>

プロキシとの認証に使用されるユーザー名(割り当ての場合のみ)。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--proxy yourproxy:3201 --proxy-user FooBar --proxy-pw mypass --group MyGroup"

--proxy-pw<password>

プロキシとの認証に使用されるパスワード(割り当ての場合のみ)。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--proxy yourproxy:3201 --proxy-user FooBar --proxy-pw mypass --group MyGroup"

--proxy-pw-base64<encoded_password>

--proxy-pwと同じですが、パスワードはBase64でエンコードされた文字列として入力する必要があります。特殊文字を含むパスワードが必要な場合があります。

msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--proxy yourproxy:3201 --proxy-user FooBar --proxy-pw-base64 bXlwYXNz --group MyGroup"

 

 

割り当てオプションについて

  • パラメータ値(たとえばグループ名)が空の場合は、2つの二重引用符を使用します。(ふたつのシングル引用符ではない)
msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--group ""Test group"""
  • 代入パラメータ名は大文字と小文字を区別しません。(バージョン0以降)
  • ASSIGNMENTOPTIONS内の代入に対してプロキシ設定を指定することができます。 TeamViewer接続自体のための追加のプロキシ設定があります(TeamViewerクライアントオプションで定義されています)。これはASSIGNMENTOPTIONSの外に設定する必要があります。
  • インストール/割り当てのためのコマンドに環境変数を挿入して、動的値を追加することもできます。エイリアスのために。 %%を使用して環境変数を使用できます。
msiexec.exe /i "Path\To\TeamViewer_Host.msi" /qn APITOKEN=<YOUR_APITOKEN> ASSIGNMENTOPTIONS="--alias %COMPUTERNAME%"

 

バージョン履歴
改訂番号
28/28
最終更新:
‎06 6 2019, 4:37 PM
更新者:
 
寄稿者: