2段階認証 – 有効化と無効化

評価なし

この記事は全てのTeamViewer ユーザーに適用される内容です。

 

 全般

2段階認証を利用すると、追加のセキュリティコードによって、TeamViewerアカウントやコンピュータ & パートナーリストを不正アクセスから保護することができます。

2段階認証は、以下の手順で有効化/無効化します。


2段階認証の有効化

  1. TeamViewerアカウントでマネージメントコンソールにログインします。 
  2. プロファイル名の下の プロファイルの編集をクリックします。
  3. 全般 | 2段階認証 の 有効にするリンクをクリックして、画面上の指示に従います。
  4. プロファイル設定ダイアログで 保存ボタンをクリックし、有効化を完了します。

 

2段階認証の無効化

2段階認証の無効化方法は2つあります。

ユーザープロファイル設定で2段階認証を無効化する方法

  1. TeamViewerアカウントでマネージメントコンソールにログインします。
  2. プロファイル名をクリックして、プロファイルの編集 を選択します。
  3. 全般 | 2段階認証無効にする リンクをクリックします。
  4. 認証アプリによって表示されるセキュリティコードを入力します。
  5. 無効にするボタンをクリックします。

 

リカバリキーを使用して2段階認証を無効化する

  1. こちらをクリックします。
  2. TeamViewerアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。 
  3. 有効化プロセス中に受信したリカバリコードを入力します。
  4. 無効にするボタンをクリックします。


2段階認証を無効化するリカバリキー

TeamViewerアカウントの二段階認証を有効にすると、個別のリカバリーキーが表示され、そ安全な場所に保存する必要があります。 (設定を続ける前に、ダウンロード、印刷、またはコピーをしなければなりません)

recorvery code.png

 

モバイルデバイスやデバイスの認証アプリにアクセスできなくなった場合、リカバリキーが、2段階認証を無効化する最後の手段になります。

リカバリキーによって、メールとパスワードで改めてログインすることができます。リカバリキーは2段階認証を無効化できるため、非常に重要な役割を果たします。

そのため、これは安全な場所に保管する必要があります。コピーをなくしたり破損したりする場合に備えて、1部以上印刷することを検討してください。

正しく保管したかどうかわからない場合は、

  1. マネージメントコンソールへ移動
  2. 右上のユーザー名をクリック
  3. プロファイルの編集 
  4. 全般
  5. 回復用コードの表示を介してコードにアクセスできます。

※リカバリコードを表示するには、セキュリティコードが必要です。

 

認証されていないユーザーがアクセスできるようになるため、暗号化されていないリカバリキーをメールで送信しないでください。

リカバリコードで2段階認証を無効化した後、ユーザーの2段階認証は常に再有効化することができます。

注意:2段階認証は、TeamViewerによって無効化することはできません。リカバリキーをなくした場合、アカウントが必要なすべてのTeamViewerの機能にもアクセスできなくなります。そのため、 これは安全な場所に保管する必要があります

 

 関連記事

 

バージョン履歴
改訂番号
10/10
最終更新:
1ヶ月前
更新者:
 
ラベル(3)
寄稿者: