Fedora 29以降で着信接続の不具合を解決する方法

評価なし

この記事は、Linux ・ Fedora 29以降をご利用のTeamViewerユーザー様に適用されます。

 

 

全般

Fedora 28まで、TeamViewerはオペレーティングシステムの特別な設定なしで接続を実現することが可能でした。 Fedora 29以降では、FedoraプロジェクトがTeamViewerアプリケーションに影響するdbus実装を変更したため以下の対応方法が必要となります。

 

問題

着信接続がTeamViewerフルバージョンにて出来なくなる問題が発生しております。
(現段階ではこちらは仕様となりますことご了承くださいませ。)fedora31_incoming.png


接続のイニシエーターには、次のエラーが表示されます。

パートナーへの接続がありません。
パートナーはルーターへ接続していませんでした。
エラーコード: Wait for connect failed.

fedora31_error.png

 

この問題の原因は、dbus-brokerのアクティブなサービスです。

こちらの原因は次のコマンドで把握できます。

systemctl status dbus.service

dbus-broker.png

 

対応方法

Fedoraはデフォルトのdbus設定のみを変更したため、システム上の他のアプリケーションやサービスに問題を引き起こすことなく、元に戻す設定が可能です。

管理者として次のコマンドを実行します。

systemctl disable dbus-broker.service
systemctl --global disable dbus-broker.service
systemctl enable dbus-daemon.service
systemctl --global enable dbus-daemon.service

#Now reboot the system so that the settings are getting reloaded reboot

 

関連記事

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
1ヶ月前
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: