GDPR (EU一般データ保護規則) について

評価なし

こちらの記事はすべてのTeamViewerをご利用の方に向けたご案内です。

 

 

 

データプライバシーの管理

2018年5月25日、EUの一般データ保護規則 (以下「GDPR」という) が執行されました。 このGDPRに基づき、TeamViewerは個人情報収集処理に関する責任があり、GDPRを厳守した運用が求められています。

GDPRは欧州連合域内の個人データ保護を規定する法として、全ての個人データ保護の強化をし、国際的なビジネスのための規制環境を統合することが目的で執行されました。GDPRは、透明性、公平性、説明責任という広く認識されているプラ​​イバシー原則を具現化しています。 個人の権利を尊重しつつ、グローバルなデジタル経済に革新をもたらし、リスクベースのアプローチも導入しています。

TeamViewerは、データが保護されていることを示す環境を作り出すことを重要視しており、個人データを保護し尊重することによって、お客様やパートナーを支援することに全力を注いでいます。

 

TeamViewerの対応

情報セキュリティとデータプライバシーに関して、以下の分野にてプログラムを通じて、GDPRに基づき見直しを行いました。

  • ポリシーとプロセス
  • 情報に関するガバナンス
  • 情報セキュリティ
  • デザインによるプライバシー
  • 第三者による管理

 

当社は、事業運営、製品、およびサービスにおいて個人情報がどのように取り扱われているかを見直す一環として、処理活動の分析を更新しました。それに伴いプライバシーポリシーを更新し、データ処理契約を提供しています。

当社のデータ保護に関するガバナンスの取り決めとプライバシーの考え方は、当社の事業がGDPRとの整合性を維持するために継続的な見直しを行う事を確実にします。

最新の更新、主要文書へのアクセス、頻繁に出される質問については、GDPRページをご覧ください。

 

詳細情報

最新の情報を入手したい場合は、TeamViewerのウェブサイトからニュースレターの配信登録してください。ここで、GDPRに関する最新情報を提供します。

TeamViewerとGDPRに関するさらに詳しい情報が必要な場合は、このメールアドレス(dataprotection@teamviewer.com)までご連絡ください。

 

 

その他関連情報

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎29 11 2018, 9:55 AM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: