MacBook ProのTouch Barサポート

評価なし

MacBook ProのTouch Barを使用すると、タスクをすばやく簡単に実行できます。TeamViewer 13では、Touch Barを使用して、最も重要なTeamViewer機能にアクセスできます。

 

要件

この機能を使用するには、次の要件を満たす必要があります:

  • TeamViewer 13を使用している
  • 個人ユーザーであるか、TeamViewer 13ライセンス (以降) を所有している
  • Touch Bar搭載のMacBook Proを使用している。

 

仕様

MacBook ProのTouch Barは、マルチタッチ対応のガラスによってキーボードのファンクションキーを置き換えており、ツールや機能にすばやくアクセスできます。これは、その時点で使用しているアプリケーションに基づいて自動的に変化します。TeamViewer 13は、コマンドをTouch Barに統合しており、最も重要な機能に簡単にアクセスすることができます。

 

TeamViewerの基本タスクをTouch Barで実行する方法

Touch Barを使用すると、次の処理を実行することができます。

  • TeamViewerアカウント情報にアクセスする  1
  • リモートコントロールセッションを開始する  2
  • オンラインミーティングを開始する  3
  • コンピュータ & パートナーリストに切り替える  4
  • チャットを開始する  1

     

 

リモートコントロールセッションでTouch Barを使用する方法

リモートコントロールセッション内で、Touch Barを通じて次のタスクを実行することができます。

  • セッションを閉じる  1
  • キャンセルできないように接続をロックする  2
  • リモートデバイスの詳細や技術的情報、現在のリモートコントロールセッションの情報を含むダッシュボードビューを開く  3
  • ファイル転送ウィンドウを開く。ここでは、ローカルとリモートコンピュータの間でファイルを転送することができます  4
  • リモートデバイスでCtrl+Alt+Del画面に切り替える。これは、例えば、タスクマネージャーを起動したり、パスワードを変更したりするのに使用することができます  5
  • チャットを開始する 6
  • リモートモニターの間で切り替える  7touch-bar-remote.png

     

Touch BarによってTeamViewerに実装される機能の詳細については、次のナレッジベースの記事をご参照ください:

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎14 9 2018, 4:20 PM
更新者:
 
寄稿者: