Microsoft TeamsとTeamViewerの統合

100%が役に立ったと言っています (1/1)

Read this article in English.


この記事は、コーポレート・テンサープラン、パイロットサブスクリプションプランをお持ちのお客様に該当する内容です。

 

 

全般

Microsoft TeamsとTeamViewerの統合を行うことで、サポーターとエンドユーザーがリモート制御とリモートアシスタンスを使用出来、端末の共有、さらに有効なセッションと接続履歴を監視を実現します。

 

記事の対象者

こちらの記事はTeamViewerとMicrosoft Teamsの両方を使用するすべてのユーザーを対象としています。

 

前提条件

Microsoft Teamsの使用に慣れていることを前提としています。サポートユーザーは、有効なTeamViewerログイン/パスワードおよび有効なライセンスをお持ちの必要があります。

 

ソフトウェア要件

Microsoft Teams用のTeamViewerアプリは、Microsoft Teamsのデスクトップ、Web、およびモバイルバージョンでサポートされています。

ウェブ上のチームは、メインブラウザの最新バージョンをサポートしています。

デスクトップバージョンは、Windows、Mac、Linuxで利用できます。

モバイルクライアントはiOSとAndroidで利用できます。

詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/get-clientsをご覧ください。

 

Microsoft Teams用のTeamViewerアプリについて

TeamViewer-Microsoft Teamsアプリは、TeamViewerリモート制御機能をMicrosoft Teamsに埋め込みます。これにより、次のことが可能になります。

  • チームの会話から直接サポートセッションを作成して参加
  • 他のチームメンバーとデバイスを共有
  • TeamViewerのアクティブセッションを表示
  • TeamViewerの接続履歴を表示

 

この記事について

Microsoft Teams用のTeamViewerアプリのインストールと構成について説明します。また、アプリケーションが提供するさまざまな機能の簡単な概要も示します。

 

設定

TeamViewerのインストール

TeamViewerアプリケーションのインストールは、サポーターがリモートコントロールとパイロット(拡張現実)接続を開始できるようにするために必要であり、Windows、Mac、およびLinux上の他のすべてのユーザーに対してオプションです。

前述のオペレーティングシステムに完全なTeamViewerフルバージョンがインストールされていない場合、サポートされるパーティとしてTeamViewerセッションに参加しようとすると、TeamViewerの1回限りのバージョンがダウンロードされます。

モバイル(Android、iOS)では、それぞれのTeamViewerクライアント(クイックサポートまたはパイロット)が必要です。 TeamViewerアプリケーションをインストールすることをお勧めします。これにより、セッションへの参加に必要な時間が短縮されます。ただし、TeamViewerをインストールするには、システムの管理者アクセス権が必要になることにご注意ください。

TeamViewerアプリをインストールするには、以下の手順をご確認くださいませ。

  • 以下のURLを利用して、TeamViewerをダウンロードします。https://download.teamviewer.com/download/TeamViewer_Setup.exe
  • ダウンロードしたアプリケーションを実行します。以下に示すように「デフォルトのインストール」オプションを選択し、「同意して終了」ボタンをクリックします。
    MSTeams1.png

     

  • ユーザーアカウント制御ダイアログが表示された場合は、はいボタンをクリックします。 TeamViewerのインストールが続行され、完了します。

 

Microsoft Teams用のTeamViewer アプリのインストール

アプリは、Microsoft Teams Appsストア(左側のサイドバーメニューの「アプリ」アイコン)から直接検索してインストールできます。MSTeams2.png

 

個人用にインストールして個人用のタブを取得したり、特定のチームやグループチャットにインストールして、構成可能なタブや拡張機能をユーザーに提供できます。MSTeams3.png

アプリメニュー/ その他のアプリからグループチャットまたはチームに直接追加することもできます。(Microsoftチームでの特定の権限が必要になる場合があります)MSTeams4.png


Microsoft Teams用のTeamViewerアプリの使用

Microsoft Teams用のTeamViewerアプリは、4つの主要コンポーネントで構成されています。

  • ボット([アクティビティ]タブ内)
  • 4つの静的タブ:「ヘルプ」、「設定」、「アクティブセッション」、「接続履歴」
  • チャネルおよびグループチャット用の構成可能なタブ
  • 「TeamViewer」 コマンドボックスと作成領域で利用可能なメッセージング拡張機能

 

最初の接続

インストール後、ボットはアプリの機能の概要を示すウェルカムメッセージを送信します。

「はじめに」ボタンをクリックすると、「設定」タブが表示され、ログインして使用可能なライセンスを確認できます。MSTeams5.png

 

ログイン

TeamViewer統合のさまざまな機能をすべて使用できるようにするには、ライセンスされたTeamViewerアカウントでログインする必要があります。リモートコントロールおよびパイロット接続の招待を開始したり、デバイスを共有したりするために使用します。ただし、デバイスで接続を受信するために、TeamViewerアカウントや統合アプリにログインする必要はありません。

また、ヘルプタブを除くすべてのタブで、有効なTeamViewerアカウントでログインする必要があります。MSTeams6.png

「ログイン」をクリックすると、ポップインが開きます。ここで、TeamViewer資格情報を入力し、アプリケーションに必要な権限を付与する必要があります。MSTeams7.png

MSTeams8.png

 

ログアウト

アカウント名を表示する右上のメニューを使用して、すべての認証済みタブからログアウトできます。MSTeams9.png

📌重要:ログアウトすると、選択したすべてのグループがタブで共有され、自動的に招待されたすべてのユーザーが削除されます。

ヘルプタブ

このタブには、アプリケーションに関するナレッジベースが表示されています。

 

設定タブ

TeamViewerアカウントの役割に応じて、TeamViewerライセンスに関する情報を見つけることができます。

  • TeamViewer管理者であれば、リモートコントロールとパイロット機能の現在のライセンスステータスを確認でき、Teamsテナントのすべてのユーザーに対してそれらを許可またはブロックすることができます。MSTeams10.png

     

    例:パイロットライセンスがブロックされている場合
    MSTeams11.png

     

  • TeamViewer管理者でない場合は、どのライセンスが使用可能か(つまり、ライセンスがあり、管理者が許可している場合にアクティブ)を確認できますが、それらを変更することはできません。

 

アクティブセッションタブ

このタブでは、メッセージング拡張機能(後述)を通じてMicrosoft Teamsで作成されたアクティブなセッションを確認できます。

  • TeamViewer管理者であるか、必要な権限を持っている場合は、会社の従業員のセッションを表示し、ユーザー名でフィルターできます。
    MSTeams12.png

     

  • 管理者でない場合は、自分のセッションのみを表示できます。
    MSTeams13.png

     

アクティブセッションタブでは以下の情報をご確認いただけます。

  • セッションコード:作成されたTeamViewerセッションのコードの表示
  • セッションの種類:「リモートコントロール」または「パイロット」セッションの表示
  • チームとチャネル:チャネルで作成された場合、チームとチャネルの名前の表示
  • 作成日:セッション作成の日時の表示
  • 有効期限:セッションの有効期限の表示
  • ステータス:セッションの状態の表示(「オンライン」または「オフライン」)
  • 接続ボタン:セッションがオンラインになると、接続ボタンが有効になり、接続の開始に使用できます。

アクティブセッションとセッションステータス(オンラインまたはオフライン)のリストは、30秒ごとに自動的に更新されます。

任意の列に基づいてデータをソートでき(デフォルトでは「作成日」の降順でソートされます)、必要に応じてページネーションを使用できます。

 

接続履歴

このタブでは、メッセージング拡張機能(後述)を介してMicrosoft Teamsで作成されたすべての接続のリストを確認できます。

  • TeamViewer管理者の場合は、会社の従業員の接続を表示し、ユーザー名または特定の期間(開始日/終了日)でフィルターできます。
    MSTeams14.png

     

  • 管理者でない場合は、自分の接続のみを表示し、特定の期間(開始日/終了日)でそれらをフィルタリングできます。
    MSTeams15.png

     

タブを表示している間、接続リストは最初のロード時と30秒ごとに自動的に更新されます。

この表では、次の情報をご確認いただけます。

  • セッションコード:作成されたTeamViewerセッションのコード
  • 接続タイプ:「リモートコントロール」または「パイロット」セッション
  • 期間:セッションの期間
  • チームとチャネル:チャネルで作成された場合、チームとチャネルの名前
  • 開始日:接続の開始日
  • メモ:サポーターのメモ
  • サポーター:サポーターのユーザー名

データを並べ替えることができ(デフォルトでは「開始日」の降順で並べ替えられます)、必要に応じてページ付けとフィルターを使用できます。接続をクリックすると、詳細が表示されます。MSTeams16.png

 

詳細パネルに表示されるプロパティ内容:

  • レポートID
  • ユーザーIDとユーザー名
  • グループIDとグループ名
  • セッションコードとタイプ
  • 割り当て先および割り当てられたユーザーID
  • セッションの開始日と終了日
  • 期間と有効期限
  • 評価とコメント
  • チームとチャンネル

タブに移動するたびに接続を更新するために自動バックグラウンド同期が開始されると、「バックグラウンド同期中...」という警告メッセージが表示されるローダーが表示されます。

 

チャネルとグループの「構成可能」タブ

初期構成

Microsoft Teamsで追加する権限がある場合、チャネルまたはグループチャットに構成「TeamViewer」タブを追加できます。

  • グループまたはチャンネルの「+」アイコンをクリックします。
  • アプリリストで[TeamViewer]を選択します。(チームまたはグループチャットにはアプリをインストールする必要があります)MSTeams17.png

     

タブに名前を付け、他のチャネルまたはグループユーザーと共有するグループ(少なくとも1つ)を選択できます。MSTeams18.png


この後、これらのグループのすべてのデバイスが、次の情報を持つチャネルまたはグループユーザーに対して表示されます。

  • デバイス:デバイス名
  • グループ:デバイスグループ名
  • 所有者:グループの所有者(複数のグループが同じ名前を持つ場合に便利です)
  • 接続ボタンMSTeams19.png

     

リストをデバイス名とグループ名でフィルタリングできます。

デバイスのリストとステータスは30秒ごとに自動的に更新されます。

 

自動共有

別のユーザー(以前にTeamViewerアカウントにログインしたことがあるユーザー)がTeamViewerタブに移動すると、タブの共有グループが自動的に彼のTeamViewerアカウントと共有されます。

これが外部ユーザーである場合(TeamViewerアカウントが一部または別の会社である場合)、グループの共有を承認するための招待メールが送信され、以下に示すように、タブの上部に関連メッセージが表示されます。MSTeams21.png

 

注意:

  • TeamViewerでグループを共有する権限がない場合、グループはタブの構成から自動的に削除されます。
  • Microsoft Teamsアプリからログアウトすると、すべての共有グループがすべてのタブから削除され、自動共有システムによって招待されたユーザーのアクセス権が削除されます。

 

タブ設定

タブが設定されると、(Microsoft Teamsの権限に応じて)設定オプションを使用することができタブを編集できます。MSTeams22.png

タブにグループを追加または削除できます。これらすべての共有グループのすべてのデバイスが利用可能になり、同じ自動共有プロセスに従います。

デバイスがオンラインの場合、接続ボタンが青色になり、クリックしてリモートコントロール接続を開始できます。MSTeams23.png

タブの名前を変更したり、削除したりすることもできます。

 

メッセージング拡張機能

次の2つの拡張機能を使用して、リモートコントロールまたはパイロット接続の招待を作成できます。

メッセージ作成エリア

作成領域から直接招待カードを作成できます。

    • アプリをテキストで直接言及する:「 @TeamViewer

      MSTeams24.png

       

    • 下部のメニューから「TeamViewer」アプリを選択します。

      MSTeams25.png

      MSTeams26.png

       

どちらのアクションでもポピンがトリガーされます。 TeamViewerライセンスに応じて、次のいずれかのケースが発生する可能性があります。

  • リモートコントロールとパイロットの両方のライセンスがあり、管理者が機能を制限していない場合は、次に示すように、作成する接続のタイプを選択するためのポップインが表示されます。

    MSTeams27.png

     

  • 使用可能なTeamViewerライセンスのタイプが1つしかない場合、または管理者が1つのみを許可している場合は、それぞれのタイプの接続招待が作成され、カードがチャネルまたはチャットに追加されます。

    MSTeams28.png

     

  • TeamViewerライセンスを持っているが、機能が管理者によって制限されている場合、または使用可能なライセンスがない場合、エラーメッセージが表示されます。

招待カードが作成領域に追加されます。他のチャットユーザーに招待状を共有するには、メッセージを送信する必要があります。MSTeams29.png

サポートを受けたいユーザーが「Launch session」をクリックすると、デバイスは接続を受信する準備ができます

2番目の(サポーター)カードも、アプリケーションの[アクティビティ]タブにあるTeamViewerボットによって並行して送信されます。このサポーターカードを使用すると、次のことができます。

  • 管理者としてセッションに参加
  • セッションの更新ステータス(オフライン/オンライン)MSTeams30.png

     

💡注意:招待状が作成されてから最初の数分間は、ステータスが自動的に更新されます。

 

コマンドボックス

Microsoft Teamsの上部には「コマンドボックス」があり、作成領域と同様にセッション招待を生成するためにアプリに言及できます。MSTeams31.png

「リモートコントロール」または「パイロット」から選択して、適切なタイプのセッションを直接作成できます。MSTeams32.png

次に、作成エリアの右上にあるアイコンが付いたカードをコピーして貼り付け、ディスカッションで共有できます。

 

体験版

TeamViewerライセンスがない場合、試用版は30日間自動的に有効化されます。

この期間中、統合アプリケーションのすべての機能を使用できます。この試用版は、TeamViewerとMicrosoft Teamsアプリの統合のみを参照しており、他のTeamViewerの使用試用版には影響しません。このため、リモートコントロールとパイロット接続

トライアルの終了日は「設定」タブで確認でき、「トライアル」の言及はログアウトリンクに表示されます。MSTeams33.png

 

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎04 9 2020, 11:56 AM
更新者:
 
寄稿者: