TeamViewerとリモートデスクトップ(RDP)の違いは何ですか?

評価なし

RDP (リモートデスクトッププロトコル) は、リモートコンピュータへの接続のためにMicrosoftによって開発されたプロトコルです。

TeamViewerの機能はRDPの機能と比較して豊富に備わっているのが特徴です。

 

主な違いは次の通りです

  • RDPでは、リモートコンピュータのユーザーは、接続時に画面を見たり制御したりすることはできません。すなわち、リモートユーザーには、コンピュータで何が行われているか分からないのです。TeamViewerでは、リモートユーザーは、画面で行われている作業をすべて確認できます。これは、安全上顧客や友人/家族にリモートサポートを提供する上で重要なことです。
  • RDPでは、リモートコンピュータのファイアウォールまたはルーターでポート転送を設定する必要があります。TeamViewerは、ポート転送やその他のファイアウォール設定なしで動作します。

  • TeamViewerは、非常に優れたプラットフォームサポートを実現します。TeamViewerを使用すると、Windows、macOS、Linux、Chrome OS、Android、iOS、Windows Mobile、BlackBerry、Raspberry Piに接続することができます。

 

さらに、ユーザーがRDPでWindows Serverにサインインしている場合、TeamViewerを使用すると、各ユーザーのRDPセッションに直接接続してサポートできます。

TeamViewerがWindows Serverで動作している場合、各RDPセッションには固有の「ユーザーID」が生成され、これにより、RDPセッションに接続してユーザーをサポートできます。

また、サーバー本体で作業する必要があるときのために、サーバーに直接接続するための「サーバーID」も生成されます。

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎12 9 2018, 12:35 PM
更新者:
 
寄稿者: