TeamViewerのリモート印刷機能について

100%が役に立ったと言っています (1/1)

この記事は、ビジネス、プレミアム、コーポレート、またはテンサーライセンスをご購入でWindowsおよびmacOSをご利用のお客様に適用されます。

 

 

全般

この記事では、リモート印刷機能の設定方法とご利用方法をご案内します。

リモート印刷機能を使用すると、接続元(接続を行う端末)環境にて使用可能なプリンターを用いて接続先端末に保存されているドキュメントを印刷できます。

これにより、ファイルを転送する必要なくご自身のプリンターでドキュメントを印刷できます。

接続先端末にあるネットワークプリンターへアクセスすることもできます。

重要情報:
Windows 10バージョン1903(またはそれ以降)
がリモートコンピューターにインストールされている場合は以下の2点にご注意くださいませ。

① TeamViewerバージョン14.7以降を使用している場合:ローカルコンピューターにインストールされたXPSビューアーを使用してドキュメントを印刷できます。 XPSビューアーの使用方法については以下ご確認くださいませ。

② TeamViewerバージョン14.7よりも低いバージョンがリモートコンピューターにインストールされている場合:新しいWindowsバージョンの一部変更によりTeamViewer印刷機能をご利用頂くことが出来かねてしまいますことご了承くださいませ。

 

リモート印刷ドライバのインストール

リモート印刷をセットアップするには、まずTeamViewerの印刷ドライバをインストールする必要があります。このオプションは、その他 > オプション > 詳細 > 詳細オプションの表示 > 詳細ネットワーク設定 > リモート印刷のインストール で設定できます。

install-remote-printing-driver.png

注意: このドライバは、接続の両側にインストールするようにしてください。

 

遠隔操作中にリモート印刷を有効化する

ドライバがインストールされたら、リモートコンピュータとの接続を確立して、TeamViewerツールバーでリモート印刷をアクティベートできます1

activate-remote-printing.png

ローカルプリンターが、リモートコンピュータの印刷ダイアログボックスに表示されます。これには、プリンター名 via TeamViewerのラベルが付けられています。

 

印刷ジョブの開始

印刷ジョブを実行するには、次の手順をご確認ください。

  1. 印刷する文書を開いて、通常の印刷ダイアログボックスを開きます。
  2. 「via TeamViewer」で名前が終了しているプリンターを選択します。
  3. 印刷ジョブを開始します。

start-remote-print-job.png

注意: バージョン12以下を使用している場合、リモート印刷機能はWindowsからWindowsへの接続でのみ使用可能であり、プリンターはPostScriptまたはEMFをサポートする必要があることにご注意くださいませ。詳細については、こちらをご覧ください。 プリンターがPostScriptまたはEMFをサポートしているかご不明な場合は、製造元のWebサイトにアクセスし、プリンターモデルを検索してください。

 

XPSビューアーを使用してmacOSでドキュメントを印刷する方法

1. macOSを実行しているローカルコンピューターに、選択したXPSビューアーをインストールします。

注意: 無料のXPS Viewerソフトウェアには、ページ数の制限などの制限が伴う場合があります。ニーズに最適なビューアソフトウェアを確認し、TeamViewerはこのサードパーティソフトウェアのサポートを提供しないことにご注意ください。

2. インストールアクティベーションについては、以下の手順をご確認くださいませ。(次の章を参照)
3. インストールとアクティベーションが完了したら、リモートセッションでXPSビューアーで印刷するファイルを開きます。TeamViewerによるリモート印刷 1.png


4. 印刷ボタンをクリックします。
print button.png

 

5. 印刷ダイアログで、印刷に使用するローカルプリンターを選択し、印刷をクリックします。
print button 2.png

 

Macにリモート印刷ドライバーをインストールする方法

リモート印刷を設定するには、まずTeamViewer印刷ドライバーをインストールする必要があります。

このオプションは、TeamViewer > 設定 > 詳細設定 >ネットワーク >リモート印刷のインストールにあります。
install-remote-printing.png

 

Macのセッション内でリモート印刷を有効にする方法

ドライバーがインストールされると、リモートコンピューターへの接続を確立し、TeamViewerツールバーでリモート印刷を有効にできます。activate-remote-printing.png

 

 

XPS Viewerでドキュメントを開くか、直接印刷をする方法

接続元端末と接続先端末の性質により、印刷用の追加ツールが必要になる場合があります。各オペレーティングシステムには、印刷用の独自の標準形式があります。同じオペレーティングシステムで実行されているデバイスを接続すると、任意のプリンターに直接印刷できます。両側に異なるオペレーティングシステムがある場合、印刷ジョブを開始するために追加のツールが必要になる場合があります。

Windowsのネイティブ形式はXPS、macOSの形式はPDFです。

 

macOS 

接続先端末

Windows 7/8.1 

接続先端末

Windows 10 (< 1903) 

接続先端末

Windows 10 (>= 1903) 

接続先端末

macOS

接続元端末

直接印刷

直接印刷

直接印刷 (TeamViewer 13 -14.6)

 XPSが必要なケース (>= TeamViewer 14.7)

XPSが必要なケース (>= TeamViewer 14.7)

Windows 

接続元端末

PDF reader

直接印刷

直接印刷

直接印刷 (>= TeamViewer 14.7)

 

 

バージョン履歴
改訂番号
12/12
最終更新:
‎05 12 2019, 3:18 PM
更新者:
 
ラベル(3)
寄稿者: