TeamViewerの始め方ガイド-個人利用の方向け -

50%が役に立ったと言っています (1/2)

こちらの記事はTeamViewerを個人利用としてご利用されているすべての方向けのご案内です。

 

 

ライセンスをお持ちの方はこちらのページをご覧ください。

 

TeamViewerとは?

TeamViewerは、デジタルネットワーキングとコラボレーションをした世界をリードするソフトウェアプロバイダです。弊社はドイツのGöppingenに2005年に設立され、50カ国以上から約700人の従業員を雇用しています。

弊社の主力製品であるTeamViewerは、リモートサポート、リモートアクセス、オンライン会議がすべて実現可能である優れたオールインワンのソフトウェアです。離れた場所から会議に参加でき、顧客に対して補修サービスも実現出来ます。外出先からご自身の端末に遠隔操作も出来ますので、移動時間の短縮などより効率良く作業をして頂けます。またご友人やご家族間でのサポートにも最適です。

TeamViewerソフトウェアは、世界中で4億台以上の端末でご利用されており、そのうち少なくとも2500万台が常にTeamViewerを介して遠隔操作がされています。弊社の製品ポートフォリオには、ITモニタリング、データバックアップ、マルウェア対策、Web会議などのソリューションが追加されています。

 

個人利用と商用利用の違いは?

ソフトウェアの個人利用(無料版)は、ご家庭内の個人用端末間を遠隔操作している場合や、ご友人やご家族にのみ接続する場合にご利用頂けます。

会社等の商用施設でご利用される場合、TeamViewerソフトウェアは無料でご利用頂けません。例えば、職場の端末をご利用して同僚との接続、自宅から会社の端末への遠隔操作、TeamViewerを介したクライアントのサポート、非営利のための収益や報酬を生み出すデバイスの接続/監視などが含まれます。(特別なNFP価格設定)さらにWindows Serverをご利用の場合は、デフォルトで商用利用として認識されます。つまり、Windows ServerでTeamViewerを使用するには、ユーザーごとにライセンスが必要です。

 

ライセンスの種類は大きく3つございまして、それぞれ機能が異なります。ライセンスをご購入した場合、遠隔操作時に制限がかかる事なく、様々な機能を便利にご利用頂けます。

詳細に関しましては下記のリンクよりご確認下さいませ。

 

サポート対象オペレーティングシステム

TeamViewerでは幅広いオペレーションシステムをサポートしております。ただし全てのOSが全く同じ機能をご利用頂けるわけではなく、ご利用頂ける機能に違いがある場合がございます。詳細は下記のリンクよりご確認下さいませ。

サポート対象オペレーティングシステム

 

TeamViewer IDとは?

TeamViewer IDは、TeamViewerのインストール時に各端末に自動的に割り当てられるIDの事です。このIDはひとつの端末に対して固定となるよう設計されており、ソフトウェアをアンインストールして再インストールしても同じIDが表示されます。 お使いの端末の電話番号のような役割を果たしております。 このTeamViewer IDとパスワードを使用して遠隔操作を認証します。携帯電話の連絡先リストに電話番号を保存するように、これらのIDをTeamViewerアカウントの連絡先リスト(コンピューター&パートナー)に保存することもできます。

 

TeamViewerアカウントとは?

電話帳のように、接続先の全ての端末を整理し保存して頂けます。ここからクリックひとつで遠隔操作を実現する事も可能です。またソフトウェアの変更の確認ができ、他のユーザーがTeamViewerを介してお客様に連絡する事を許可します。詳細は下記のリンクよりご確認下さいませ。

TeamViewerアカウントについての詳細はこちら

 

 

4つのTeamViewerモジュールについて

TeamViewerには目的が異なるいくつかのパッケージがあります。 たとえば、Windows、macOS、Linuxで利用可能なフルバージョン。こちらは接続をしたり受けたり、さらに会議機能もご利用頂けます。接続を受けるのみに便利にご利用頂けるQuickSupportモジュールもございます。詳細はこちらのパッケージの比較をご覧ください。

フルバージョン: TeamViewerソフトウェアの中で、最も機能が豊富なモジュールです。遠隔操作を行う端末には必ずこのフルバージョンをご利用して下さい。遠隔操作を行うのみならず、遠隔操作を受ける事も可能です。無人アクセスの設定も可能なオールインワンの便利なモジュールです。

ホスト: ホストモジュールは無人アクセスが可能で、一度設定して頂ければいつでも遠隔操作が可能となります。遠隔操作を受ける専用のモジュールです。

クイックサポート: クイックサポートはインストール不要なダウンロードのみの実行型ファイルとなっており、簡易的に遠隔サポートを受ける事ができます。ダウンロードリンクをクリックして頂くとすぐにクイックサポートが立ち上がるので、初期設定が不要であるのが特徴です。ただしこのモジュールは必ず端末の前に人がいる状況で、ランダムパスワードを毎回接続元に提示する必要がございます。無人アクセスをご希望の場合はフルバージョンもしくはホストをご利用下さいませ。

 

※両サイドでWindowsをご利用している場合クイックサポートを介してホストモジュールを取得して頂く事も可能でございます。こちらはより簡単にホストモジュールを設定して頂ける方法です。(ただし接続元が必ず最新のバージョンをご利用の場合に限ります。接続先も最新版のホストモジュールのみ取得が可能です)詳細はこちらから。

 

遠隔操作方法

 

パートナーが行うこと

  1. TeamViewerのフルバージョンをインストールします。
  2. TeamViewerのアプリケーション上に表示されている使用中のIDとパスワードをサポーターに伝えます。
  3. 遠隔操作が始まります。

 

サポーターが行うこと

  1. TeamViewerのフルバージョンをインストールします。
  2. 接続先のTeamViewerの使用中のIDをパートナーIDに入力します。
  3. 接続をクリックします。
  4. パスワードを入力する画面が上がってくるので接続先のパスワードを入力します。
  5. 遠隔操作が始まります。

 

接続の確立

how to connect.png

 

 

※TeamViewerの起動画面上にあるコンピューター&パートナーリストにログインをした状態で遠隔操作をした場合、接続先のTeamViewerの使用中のIDをコンピューター&パートナーリストに登録するかを選択する画面が表示されます。登録をした場合は二回目以降の遠隔操作がより簡単に早くできるようになります。

 

バージョン履歴
改訂番号
8/8
最終更新:
‎24 1 2019, 1:41 PM
更新者:
 
寄稿者: