TeamViewerの始め方ガイド-商用利用の方向け -

評価なし

この記事はTeamViewerプランをご購入頂いたすべてのお客様に該当する内容です。

 

個人利用の方はこちらのページをご覧ください。

 

TeamViewerとは?

TeamViewerは、デジタルネットワーキングとコラボレーションをした世界をリードするソフトウェアプロバイダです。弊社はドイツのGöppingenに2005年に設立され、50カ国以上から約700人の従業員を雇用しています。

弊社の主力製品であるTeamViewerは、リモートサポート、リモートアクセス、オンライン会議がすべて実現可能である優れたオールインワンのソフトウェアです。離れた場所から会議に参加でき、顧客に対して補修サービスも実現出来ます。外出先からご自身の端末に遠隔操作も出来ますので、移動時間の短縮などより効率良く作業をして頂けます。またご友人やご家族間でのサポートにも最適です。

TeamViewerソフトウェアは、世界中で4億台以上の端末でご利用されており、そのうち少なくとも2500万台が常にTeamViewerを介して遠隔操作がされています。弊社の製品には、ITモニタリング、データバックアップ、マルウェア対策、Web会議などが追加されています。

詳細は弊社のホームページまたはナレッジベース(よくあるご質問・Q&A)をご確認くださいませ。

 

どのタイプのTeamViewerをインストールすれば良いの?

TeamViewerには目的が異なるいくつかのパッケージがあります。 たとえば、Windows、macOS、Linuxで利用可能なフルバージョン。こちらは接続をしたり受けたり、さらに会議機能もご利用頂けます。接続を受けるのみに便利にご利用頂けるクイックサポートモジュールもございます。詳細はこちらのパッケージの比較をご覧ください。

 まずは大きく分けて3種類のTeamViewerアプリケーションがございます。

ダウンロードリンクはこちらから

フルバージョン: TeamViewerソフトウェアの中で、最も機能が豊富なモジュールです。遠隔操作を行う端末には必ずこのフルバージョンをご利用して下さい。遠隔操作を行うのみならず、遠隔操作を受ける事も可能です。無人アクセスの設定も可能なオールインワンの便利なモジュールです。

ホスト: ホストモジュールは無人アクセスが可能で、一度設定して頂ければいつでも遠隔操作が可能となります。遠隔操作を受ける専用のモジュールです。

クイックサポート: クイックサポートはインストール不要なダウンロードのみの実行型ファイルとなっており、簡易的に遠隔サポートを受ける事ができます。ダウンロードリンクをクリックして頂くとすぐにクイックサポートが立ち上がるので、初期設定が不要であるのが特徴です。ただしこのモジュールは必ず端末の前に人がいる状況で、ランダムパスワードを毎回接続元に提示する必要がございます。無人アクセスをご希望の場合はフルバージョンもしくはホストをご利用下さいませ。

TeamViewer Portable: Portableにはフルバージョンのすべての基本的な機能が備わっているインストール不要なモジュールです。TeamViewer portableは、USBスティックやCDから直接実行でき、外出先での使用が多い場合や使用PCが決まっていない場合に最適なです。

 ※両サイドでWindowsをご利用している場合クイックサポートを介してホストモジュールを取得して頂く事も可能でございます。こちらはより簡単にホストモジュールを設定して頂ける方法です。(ただし接続元が必ず最新のバージョンをご利用の場合に限ります。接続先も最新版のホストモジュールのみ取得が可能です)詳細はこちらから

カスタムホスト: カスタムホストモジュールは、端末上で常時実行される為、無人アクセスが可能となります。御社のロゴを使用してTeamViewerホストを簡単に設定することができ、ライセンスされていなくてもアプリケーションに「試用期限切れ」または「無料」バナーを表示することはありません。御社独自の接続を受ける専用のモジュールを作成する事が可能です。 注:試用期限切れ」または「無料」バナーがないということは、このソフトウェアをライセンスなしで接続できるという意味ではありません。接続している人にライセンスがない場合でも、タイムアウトになる可能性があります。ホストに関する詳細はこちらから。

 

どのOSが対象なの?

TeamViewerでは幅広いオペレーションシステムをサポートしております。ただし全てのOSが全く同じ機能をご利用頂けるわけではなく、ご利用頂ける機能に違いがある場合がございます。詳細は下記のリンクよりご確認下さいませ。

サポート対象オペレーティングシステム

 

TeamViewer IDとは?

TeamViewer IDは、TeamViewerのインストール時に各端末に自動的に割り当てられるIDの事です。このIDはひとつの端末に対して固定となるよう設計されており、ソフトウェアをアンインストールして再インストールしても同じIDが表示されます。 お使いの端末の電話番号のような役割を果たしております。 このTeamViewer IDとパスワードを使用して遠隔操作を認証します。携帯電話の連絡先リストに電話番号を保存するように、これらのIDをTeamViewerアカウントの連絡先リスト(コンピューター&パートナー)に保存することもできます。TeamViewer ID.png

TeamViewerアカウントとは?

電話帳のように、接続先の全ての端末を整理し保存して頂けます。ここからクリックひとつで遠隔操作を実現する事も可能です。またソフトウェアの変更の確認ができ、他のユーザーがTeamViewerを介してお客様に連絡する事を許可します。詳細は下記のリンクよりご確認下さいませ。

TeamViewerアカウントについての詳細はこちら

 

 TeamViewerのライセンスの種類について

料金の詳細はこちらから。営業担当へ直接ご相談も可能です。

リモートアクセスプラン

リモートアクセスプランは、エンドポイント(接続先の端末台数)で管理がなされる新しい体系の個人用TeamViewerプランです。
リモートアクセスプランの詳細はこちらの記事からご確認頂けます。

リモートアクセスの有効化についてはこちらから

 

ビジネスライセンス

ビジネスライセンスはシングルユーザー向けにデザインされたライセンスです。 バージョン11以降、このライセンスは最大3台のデバイスにライセンス登録ができます。

3台のデバイスのうち1台のみ遠隔操作が可能です。 同時に3台遠隔操作はできませんのでご了承ください。(1チャンネル)

接続先は個人利用のTeamViewerをインストールするだけでライセンス登録は不要です。よって接続先のTeamViewerに台数制限はございません。

シングルユーザーライセンスである為登録できるTeamViewerアカウントの数は1です。

 ビジネスライセンスの有効化についてはこちらから

 

プレミアムライセンス

プレミアムライセンスはマルチ(複数)ユーザーライセンスです。管理者が各ユーザーを管理できるようにデザインされています。

プレミアムライセンスでは、最大50人のユーザーまで登録でき、同時接続数は1です。50人中同時に遠隔操作ができる人数は1でございます。 (追加チャンネル追加可能)

各ユーザーはそれぞれのメールアドレスを用いてアカウントを作成でき、TeamViewerのアプリケーションにサインインをする事で有料版としてご利用頂ける仕組みとなっています。

プレミアムライセンスには、

  • ユーザー管理
  • Chrome OS、ブラウザベースの接続、およびTeamViewer Portable
  • 接続レポート

がご利用頂けます。(Businessライセンスには含まれていない機能です)

 

コーポレートライセンス

コーポレートライセンスはマルチ(複数)ユーザーライセンスです。管理者が各ユーザーを管理できるようにデザインされています。

最大200人のユーザーまで登録でき、同時接続数は3です。200人中同時に遠隔操作ができる人数は3でございます。 (追加チャンネル追加可能)

各ユーザーはそれぞれのメールアドレスを用いてアカウントを作成でき、TeamViewerのアプリケーションにサインインをする事で有料版としてご利用頂ける仕組みとなっています。

コーポレートライセンスでは、

  • ユーザー管理
  • Chrome OS、ブラウザベースの接続、およびTeamViewer Portable
  • 接続レポート
  • デバイス接続のレポート
  • MSIによるソフトウェアの大規模展開

の機能がご利用頂けます。

 

プレミアム・コーポレートプランの有効化方法について

 

 

バージョン履歴
改訂番号
12/12
最終更新:
‎02 8 2019, 2:48 PM
更新者:
 
寄稿者: