TeamViewerホスト(v13.2 +)/フルバージョン(v14 +)用のGPO経由の展開

評価なし

この記事は、コーポレートまたはテンサーライセンスをご購入のお客様に適用されます。

 

 

全般

TeamViewerホスト(バージョン13.2以上)およびTeamViewerフルバージョン(バージョン14以上)は、MSIおよびパラメータと組み合わせてGPO経由で導入することができます。

この記事では、GPOによる展開について説明します。 Orcaで作業する場合は、この記事の手順に従い設定してください。

 

条件

GPO経由で展開できるようにするには、.MSTファイルを作成する必要があります。それを解決するには、Microsoft Orcaをインストールする必要があります。

Microsoft Orcaは、ここにインストールされています。https://docs.microsoft.com/en-us/windows/desktop/msi/orca-exe

ISOファイルをダウンロードしてインストールするか、ISOを開いた後にorca.msiをまっすぐにインストールするだけで、ISOファイルをダウンロードすることをお勧めします。

 

Orcaの設定方法

  1. Orcaをインストールしたら、そのOrcaを開いてmsiを開き、Transform→New Transformをクリックします。

image2018-11-13_16-33-36.png

 

  1. プロパティタブをクリックします。

image2018-11-13_16-34-25.png

 

 

  1. ダブルクリックするとプロパティを調整したり、右クリックして行を追加して追加することができます。この場所には、CUSTOMCONFIGID、APITOKEN、ASSIGNMENTOPTIONSなど、すべてのパラメータを追加する必要があります。

重要: パラメータの詳細については、こちらを参照してください。

  1. 必要なパラメータをすべて追加したら、Transformペインで変換を生成します。(もう一度上に戻ってください)

 

MSTファイルをGPO設定に追加する

MSIパッケージをGPOに追加するときは、以下の手順に従ってMSTファイルを選択してください。

  1. グループポリシーオブジェクトエディタを開きます。
  2. コンピュータの構成  > ソフトウェアの設定を展開します。
  3. 右クリックメニューから、ソフトウェアインストール - >新規 - >パッケージ...を選択します。
  4. msiファイルをポイントします。

注意: SysAid MSIファイルとMSTファイルの両方のパスが、ローカルでもネットワークドライブでもないことが重要です。むしろ、パスは、ネットワーク内のどこからでもアクセス可能なネットワーク共有を経由し、誰でも少なくとも読み取りアクセス権を持っている必要があります。

  1. 展開方法で、詳細は少なくとも読み取りアクセス許可を持っているを選択します。別のオプションを選択すると、作成したMSTファイルを適用できなくなります。
  2. 簡単に識別できるようにパッケージの名前を追加します。(例:TeamViewer ホスト)
  3. 変更タブに切り替えて、追加をクリックします。
  4. 相関するMSTファイルをポイントします。ここでも、ローカル/ネットワークドライブパスではなく、ファイルにUNCを使用することが非常に重要です。(ネットワーク共有に)

以上で展開する準備が整います。

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎03 1 2020, 9:47 AM
更新者:
 
寄稿者: