TeamViewerリモートセッションツールバーについて

評価なし

この記事は、すべてのTeamViewerユーザーで、WindowsからWindowsデバイスへの接続をされる方に適用されます。

 

 

全般

TeamViewerリモートコントロールセッション中に、TeamViewerリモートセッションツールバーがローカルコンピューターの画面上部に表示されます。

この記事では、WindowsからWindowsへの接続で使用可能なツールバーのすべての機能について説明します。

注意: ツールバーのデザインはご利用のOSにより写真と若干異なることがございます。

これが、TeamViewerツールバーのメインメニューです。Tool bar.PNG

 

ツールバーの機能

次の章では、ツールバーの左から右へ順に、ツールバーのさまざまな機能について説明します。

Xボタンでセッションを閉じる方法

Tool bar lock symbol.png

このボタンを使用すると、リモートセッションを閉じることができます。ロック記号が表示されている場合、TeamViewerセッションを閉じた後にリモートデバイスのWindowsセッションがロックされていることを意味します。

注意: この機能は、ローカルコンピューターのTeamViewer設定で、その他 > オプション >詳細 > 詳細オプションを表示 > 他のパソコンとの詳細な接続設定接続 > リモートコンピューターのロック> 常に行わない自動のいずれかを選びます。Tool bar 2.png

 

  • 常に:セッションの開始時にコンピューターがロックされているかロック解除されているかに関係なく、TeamViewerリモートコントロールセッションを終了した後、リモートコンピューターをロックします。
  • 行はない:セッションの開始時にコンピューターがロックまたはロック解除されているかどうかに関係なく、TeamViewerリモートコントロールセッションを終了した後、リモートコンピューターをロックしません。
  • 自動
    • セッションの開始時にコンピューターがロックされていた場合、TeamViewerリモートコントロールセッションの終了後にリモートコンピューターをロックします。
    • セッションの開始時にコンピューターのロックが解除されていた場合、TeamViewerリモートコントロールセッションの終了後にリモートコンピューターをロックしません。

注意:TeamViewerツールバー内の十字ボタンを常に使用して、TeamViewerセッションを閉じることをお勧めします。リモートセッションウィンドウの右上隅にあるWindowsの閉じるXボタンを使用することはお勧めしません。

 

ホーム

Tool bar 3.png

ホームボタンをクリックすると、一般情報ダッシュボードに移動します。home 2.png

 

このダッシュボードでは、次のようなデバイスに関する情報の詳細を確認できます。

  •  1プロセス:実行中のプロセスの数(タスクマネージャーを開くオプション付き)を確認できます。
  •  2パフォーマンス:CPU、RAM、およびドライブの使用状況の確認ができます。
  •  3ディスクの状態:ハードディスクに関する一般情報が確認できます。
  •  4セキュリティ:セキュリティアプリケーションが期待どおりに動作しているかどうかを示します。
  •  5遠隔コントロールセッション:セッションの長さを示します。
  •  6デバイス:製造元、シリアル番号、OSバージョン、バッテリー状態などのデバイスに関する一般情報が確認できます。
  •  7システム環境:ドメイン、IPアドレスなど、ネットワーク環境に関する重要な情報を提供します。

 

操作

Controle.png


操作ボタンは、リモートコントロールセッション内のさまざまなアクションを提供します。Controle 2.png

  • セッション:このセクションでは、切断する前にリモートセッションを閉じ、リモートコンピューターにメモを残すことができます。
  • 自動化:ここでは、リモートコンピューターでアプリケーションを開いてスクリプトを実行できます。
    autmation.PNG

     

スクリプトの実行方法の詳細については、この記事をご覧くださいませ。

  • Windowsオプション
    • ロック:ここで、現在のユーザーセッションをロックしたり、Windowsユーザーセッションをログアウトしたりできます。
    • 再起動:コンピュータを通常モードとセーフモードで再起動できます。
  • リモートインタラクション
    • Ctrl + Alt + Delを送信:このボタンを押すと、リモートコンピューターにコンビネーションキーCtrl + Alt + Delが送信されます。たとえば、タスクマネージャーを開く場合に必要になります。
    • キーコンビネーションの送信:このオプションを有効にすると、Win + E(エクスプローラーを開く)などのキーの組み合わせを送信し、リモートセッション中にリモート側で利用可能なすべてのショートカットを使用できます。
    • リモート操作(受け側)の無効化:このオプションを有効にすると、リモート入力が無効になります。これは、リモートコンピューターでメンテナンス作業を行っており、作業の邪魔にならないようにしたい場合に非常に便利です。
    • ブラックスクリーンを表示:このオプションを有効にすると、リモート側の画面が黒くなります。これは、トラフィックの多い環境で機密作業を行う場合に最適な機能です。
  • 追加の参加者を招待する:この機能を使用すると、リモートセッションに他の人を招待できます。 コンピューター&パートナーリストに登録されているユーザーのみを招待できることに注意してください。invite.png

     

  • 情報:
    • リモートシステム情報には、ホームボタンを押して検索できるものの縮小版が表示されます。
    • リモート更新ボタンを使用すると、新しい更新が利用可能な場合に、TeamViewerをリモートで更新できます。詳細はこちらをご覧くださいませ。

表示

view.png


表示ボタンには、リモートコントロールセッションの表示を最適化および個別化するためのさまざまなオプションがあります。View 2.PNG

 

 

  • 画面サイズの調整:
    • オリジナル:リモート側と同じ画面スケールを表示します。
    • 最適:画面を拡大して、ローカルコンピューターで最適なサイズを取得します。
    • 最適:オリジナルとスケーリングの最適なバランスを自動的に計算します。
  • 画質:
    • 速度の最適化:このオプションは、リモートセッションの流動性を最適化します。これにより、リモートセッションのグラフィック品質が低下する可能性があることに注意してください。
    • 画質の最適化:このオプションは、リモートセッションのグラフィック品質を最適化します。これにより、リモートセッションの流動性(速度)が低下する可能性があることに注意してください。
    • 自動選択:このオプションは、品質の最適化と速度の最適化の最適なバランスを自動的に計算します。
  • パフォーマンス
    • 画面解像度:ここでは、リモート側の解像度を選択できます。解決の可能性は、リモート側で使用されるハードウェアに依存することに注意してください。
    • 壁紙の非表示:有効にすると、壁紙はリモート側で黒に変わります。
    • リモートカーソルを表示:有効にすると、リモートコンピューターのマウスカーソルも表示されます。
  • 表示オプション
    • 画面の更新:これは、画面で多くの操作が行われている場合に便利です。更新すると、リモート画面の最新の表示が得られます。
    • 単一ウィンドウを選択:このオプションを使用すると、リモートコンピューターの特定のウィンドウを全画面表示できます。これは、複数の開いているウィンドウで作業していて、フルスクリーンが必要な場合に非常に便利です。オプションをクリックすると、クロスカーソルが表示されます。最大化するウィンドウを選択するには、特定のウィンドウを左クリックします。
    • セッションをタブで表示:有効にすると、すべてのリモートセッションがTeamViewerウィンドウの左上隅のタブとして分類されます。これは、複数のリモートセッションを開始した場合に非常に便利です。簡単に切り替えることができます。

  • フルスクリーンに切り替え:有効にすると、リモートコンピューターはローカルコンピューターで全画面表示になります。全画面モードを終了する場合は、表示タブに戻り、フルスクリーンのままにするをクリックします。

 

通信

communicate.png

 

通信ボタンには、リモートコントロールセッション中に接続パートナーと通信するためのさまざまなオプションがあります。

communicate 2.PNG

 

  • コンピューターのサウンド:有効にすると、ローカルコンピューターでリモートコンピューターのオーディオ出力が聞こえます 。
  • パートナーと役割を交代:このボタンをクリックすると、ロールが切り替わります。リモートユーザーは、ローカルコンピューターを制御できます。
  • インターネットでの電話:音声通信の2つの方法を選択できます。
    • インターネットでの電話の開始:これは、Voice over IP機能を使用します。接続はインターネットを介して確立されます。
    • 電話での通話:接続は、電話番号を使用して機能します(電話番号は国によって異なる場合があります)。電話番号をダイヤルする必要があります。次に、会議に参加するには、PINを入力する必要があります。PINは、ここをクリックして取得してください。
  • チャットとビデオ:
    • チャット:リモートユーザーとのチャットを開始します。
    • ビデオ:ビデオ機能を有効にします。カメラを有効にするには、以下のようにカメラのロゴをクリックしてください。Camera.png

       

  • ホワイトボード - 注釈をつける:ホワイトボードを有効にします。ホワイトボードの詳細については、こちらの記事をご覧くださいませ。

 

ファイルおよびその他

File and extra.png


ファイルとその他ボタンを使用すると、リモートコントロールセッション内でのファイル、ネットワーク、印刷に関する追加オプションが提供されます。FIle and extra 2.PNG

 

  • 印刷
    • TeamViewerプリンティングを有効:TeamViewerの印刷を有効にします。この機能を使用するには、デバイスにプリントドライバーをインストールする必要があることに注意してください。ホワイトボードの詳細については、こちらの記事「TeamViewerによるリモート印刷」をご覧くださいませ。
    • VPNの起動:TeamViewer VPNを有効にします。この機能を使用するには、VPNドライバーをデバイスにインストールする必要があることにご注意ください。 TeamViewer VPNの詳細については、こちらの記事「TeamViewer VPNについて」をご覧くださいませ。
  • 画面の記録
    • スクリーンショットの取得:リモート画面全体のスクリーンショットを撮ります。
    • セッションの記録の開始:リモートセッションの記録を開始します。要求はリモート側のユーザーによって受け入れられる必要があることに注意してください。 30秒以内に確認が行われなかった場合、記録要求はキャンセルされます。セッションの記録方法と変換方法の詳細については、こちらの記事「記録されたTeamViewerセッションを最小化する方法」をご覧ください。
  • ファイル転送
    • オープンファイル転送:ファイル転送ツールを開きます。 TeamViewerでファイル転送を使用する方法の詳細については、こちらの記事「TeamViewerでファイルを転送する方法」をご覧くださいませ。
    • ファイルボックスを使用した共有:Windowsエクスプローラーを介して転送するファイルを見つけることができます。このオプションの詳細については、「リモートコントロールのマニュアル」3章を参照してください。

 

コメント

comment.png


コメントボタンを使用すると、リモートコントロールセッション中にメモを残すことができ、コメントウィンドウが開きます。 これは例えばリモートセッション中に行ったことを思い出したいサポーターに役立ちます。請求書発行のため。 メモ列​​の接続レポートで、マネージメントコンソールのリモートコントロールセッション中に残したコメントを簡単に取得できます。2019-10-11 16_57_09-TeamViewer Management Console.png

 

接続レポートの詳細については、こちらの記事「デバイスレポート・ユーザーレポートについて」をご覧くださいませ。

 

フィードバック

Feedback.png

 

フィードバックボタンを使用すると、リモートコントロールセッション中にTeamViewer製品チームにフィードバックを送信できます。

製品チームにお気軽にフィードバックやコメントを残して頂けますと幸いです。

注意: すべてのフィードバックは製品チームによって確認されますが、返信は行いませんことご了承くださいませ。

feedback 2.PNG

 

バージョン履歴
改訂番号
4/4
最終更新:
1ヶ月前
更新者:
 
寄稿者: