TeamViewer ホストの設定方法

評価なし

この記事は全てのTeamViewerユーザーに向けたご案内です。

 

全般

TeamViewer ホストを使用することで、リモートコンピュータに24時間いつでもアクセスすることが可能になり、リモート監視、サーバーメンテナンス、ホームオフィスアクセスなどでの使用に役立つモジュールです。

ホストモジュールに関する詳細情報はこちらをご覧ください。

注意: ホストは2種類から選択できます: TeamViewerロゴの入ったTeamViewer ホストと、ご自身でブランディング可能なカスタムのホストがございます。(カスタムホストはビジネス・プレミアム・コーポレート・テンサーライセンスのいづれかが必要となります。)

 

TeamViewerホストをダウンロードする方法

弊社のホームページより、TeamViewerホストをダウンロードして頂けます。

 

カスタムホストについて

カスタムホストを作成するには、マネージメントコンソールにログインして、[カスタマイズ & 配布] をクリックします。

[カスタマイズ & 配布] で、[+ホストの追加] を探してHostを選択します。

set up Host.PNG

 

 

外観デザインのカスタマイズ

  • タイトル - ウィンドウのタイトルを編集できます。
  • テキスト - メインウィンドウの歓迎のテキストを編集できます。
  • ロゴ - メインウィンドウの上部に表示する独自のロゴを選択できます。
  • テキストカラー - フォントカラーを編集できます。左のフィールドをクリックすると、カラーボックスが表示されます。そこで色を選択できます。
  • 背景色 - 背景色を編集できます。左のフィールドをクリックすると、カラーボックスが表示されます。そこで色を選択できます。host customize.png

     

 

ホストモジュールでの設定

  •  名前 – カスタマイズしたモジュールの概要でモジュールを特定できます。
  • [コンピュータ] リストのグループにコンピュータを自動的に追加 - このボックスにチェックマークが付けられると、TeamViewer ホスト モジュールがインストールされる各デバイスは、自動的にコンピュータ & パートナーリストの選択したグループに追加されます。コンピュータ & パートナーリストからこれらのデバイスのグループを選択します。
  • 顧客によるサポート案件の開始を許可 - このボックスをチェックすると、TeamViewer ホストモジュールのユーザーは、自発サポートでサポート案件を開始できます。これにより、顧客がモジュールを開くと、「サポート」ボタンがHostモジュールに表示されます。コンピュータ & パートナーリストでこれらのコンピュータのグループ名を選択します。
  • TeamViewer ポリシー - TeamViewer設定ポリシーをデバイスに割り当てます。ポリシー内で定義された設定が、インストール中にモジュールに適用されます。
  • 割り当てツール - 割り当てツールを使用してアカウントの割り当てを許可します。確認作業が不要でアカウントの割り当てが可能となる為簡易アクセスが自動で有効になります。custom host.png

     

  • 永久リンク – 提供されHost設定を保存したら、モジュールを呼び出すために使用できます。このリンクは顧客に提供します。リンクを編集する事も可能です。

ヒント: カスタマイズしたホストモジュールを接続先のコンピュータにインストールするには、永久リンクを使用します。ホストはコンピュータにインストールされ、コンピュータの電源が入るとバックグラウンドでサービスが実行されます。

 

インストール

永久リンクは、クライアントコンピュータで自分のバージョンのTeamViewerをインストールするために使用します。ホストはコンピュータにインストールされ、コンピュータの電源が入るとバックグラウンドでサービスとして動作します。

インストールプロセスの終了までに、無人アクセス用個人パスワードの設定を求められます。

2017-01-31

2019-06-12 10_59_13-Install TeamViewer Host via the Quick Support module.png

  

2017-01-31

Account assignment.png

 

このインストールプロセスを完了したら、新しいコンピュータがアカウントに自動的に追加されます (このオプションを使用している場合でホストを作成する時)。これで、TeamViewerアプリケーションのコンピュータ & パートナーリストのコンピュータをダブルクリックして、新しいコンピュータに接続できるようになります。

 

バージョン履歴
改訂番号
11/11
最終更新:
‎12 6 2019, 10:45 AM
更新者:
 
寄稿者: