TeamViewer VPNについて

100%が役に立ったと言っています (1/1)

この記事では、Windowsオペレーティングシステムとすべてのライセンスにのみ該当する内容を扱っています。

全般

TeamViewerはVPNサービスを内蔵しており、デバイスに接続して、Windowsのファイル共有を利用したり、プリンターを共有したりすることができます。

VPNについて

仮想プライベートネットワーク (VPN) は、イントラネットやそのリソースをインターネットなどのパブリックネットワークを使用して全世界にシームレスに拡張するネットワーク技術です。

これは、安全なデータトンネルやホストとクライアント間のP2Pアクセスを作成することで可能となります。接続が確立されると、システムが同じネットワークに存在するかのように、同じセキュリティ、機能、管理ポリシーを使用してデータが送受信されます。

 

TeamViewer VPNの仕組み

TeamViewer VPNは、2台のコンピュータ間の1対1の接続です。TeamViewerは、TeamViewer接続を使用して (リモート接続として処理される)、関連するTeamViewer IDに専用のIPアドレスによってVPNを確立します。

このVPNサービスは、Private Internet Access (PIA) などの標準的なVPNではありません。

当社のサービスは、デバイスが同じネットワークに存在していると見なせるように、マシンを仮想プライベートネットワークに配置して、VLANのように動作します。一方で、PIAはトラフィックを受け取って、接続しているその国のサーバーからこれを転送します。

VPNが機能するには、VPNドライバが両側にインストールされ、リモートコントロール接続中に開始できるか、TeamViewer設定内から自分で開始できる必要があります。

 

VPNドライバのインストール方法

VPNドライバは、TeamViewer完全版から簡単にインストールすることができます。その他 --> オプション --> 詳細 -->  詳細オプションの表示をクリックし、詳細ネットワーク設定 --> VPNドライバのインストール よりインストールをクリックします。

注意: VPNドライバをインストールするデバイスの管理権限が必要になります。

VPN Install.gif

 

TeamViewer VPNが必要な時

TeamViewer VPNを使用できる使用事例の一部を以下に示します:

  • リモートコンピュータに接続された対応プリンターで文書を印刷する。
  • リモートデータベースサーバーへのVPN接続を設定して、ローカルマシンでリモートデータベースにアクセスするアプリケーションを実行する (ホームオフィスなど)。
  • リモートコンピュータに接続されたデバイス (ハードドライブやUSBメモリーなど) に外部参加者をアクセスさせる。

 

VPNダイアログボックスのオプション

VPNを通じてリモートコンピュータに接続したら、このVPN内のTeamViewerウィンドウで、VPN-TeamViewerダイアログボックスが開きます。

vpn.JPG

TeamViewer VPNを次のオプションで設定します:

  • 同時に複数のVPN接続がある場合、アクティブなVPN接続ドロップダウンリストから必要な接続を選択できます。この接続の詳細と使用可能な操作が、ダイアログボックスに表示されます。
  • 接続を閉じるボタンをクリックすると、選択された接続が終了します。
  • ステータスエリアには、両方のコンピュータの割り当てられたVPNのIPアドレスが表示されます。割り当てられると、VPNのIPアドレスは同じまま維持されます。転送されているデータ量も表示されます。
  • エクスプローラーを通じてファイルを共有するボタンをクリックするとWindowsエクスプローラーが開き、リモートのファイルシステムにアクセスできます。リモートコンピュータのフォルダがローカルネットワークを通じて共有されている場合、これにアクセスして、必要に応じてファイルを削除、コピー、移動することができます。リモートコンピュータでは認証が必要になる可能性があることに注意してください。
  • pingテストボタンをクリックすると、リモートコンピュータにpingシグナルが送信されます。これによって、接続が正しく確立されているかどうかを確認することができます。

注意TeamViewerを使用してパートナーのコンピュータをリモートからコントロールしたり、ファイルを転送したりするのに、VPN接続は必要ありません。

注意TeamViewer VPNを通じてローカルコンピュータをリモートコンピュータに接続する場合、この2台のコンピュータのみ仮想プライベートネットワークでリンクされます。LANのその他のコンピュータはアクセスできません。

注意TeamViewer VPNドライバをインストールしていない場合、VPNオプションボタンはTeamViewerのメインウィンドウに表示されません。

 

TeamViewer VPNのトラブルシューティング

TeamViewer VPNで問題が発生した場合に備えて、弊社のテクニカルサポートが以下の推奨トラブルシューティングのリストをまとめました。

重要: この記事で説明をするトラブルシューティングの方法を行っても問題が解決しない場合は、VPNドライバーとオペレーティングシステムの間に互換性がない可能性があります。互換性がない場合TeamViewerよりサポートが出来かねますことご了承くださいませ。


TeamViewerとVPNドライバーの再インストール

ヒント: 可能であれば、接続先、接続元の両端末で再インストールしてください。

再インストールするには以下の方法をご覧くださいませ。

  1. その他 ->オプション->詳細->詳細オプションの表示->詳細ネットワーク設定-> VPNドライバーのインストール->アンインストールをクリックしてTeamViewer VPNドライバーをアンインストールします。
  2. TeamViewerをアンインストールします。
  3. 弊社ホームページよりTeamViewerをダウンロードします。
  4. VPNドライバーをインストールして、接続を再試行してください。VPN Install.gif

     

 

VPNドライバーの手動インストール

Windowsでは、ソフトウェアを使用せずにドライバーをインストールできます。これにより、TeamViewer VPNドライバーをインストールできます。

これに必要なファイルは、TeamViewerのインストールフォルダにあります。

C:\Program Files\TeamViewer\x64\ TeamViewerVPN.inf

手動インストールの場合は、以下の方法をご確認ください。

  1. Windowsキー+ Rを押して、hdwwiz.cplと入力します。
  2. ウィンドウをクリックし、アクション -> レガシーハードウェアの追加 -> 次へをクリックします。
  3. リストから手動で選択したハードウェアをインストールする(詳細)->次へを選択します。
  4. ネットワークアダプター -> 次へを選択します。
  5. ディスク使用をクリックします…->参照してTeamViewerVPN.infを選択します->開く-> OK
  6. インストールが完了するまで次へをクリックします。
  7. VPN接続を再試行します。

 

TeamViewerにポート443の使用を強制する

上記の手順で問題が解決しない場合は、次のレジストリキーを作成して、TeamViewerがポート443を使用するように強制してください。

32ビット:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TeamViewer

64 bit:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\TeamViewer


DWORDレジストリキーAllowedConnectionProtocolsを追加し、値4を追加します。

その後、両方のコンピューターでservices.mscを介してTeamViewerサービスを再起動し、接続を再試行します。

重要: この場合(またはTeamViewerサポートで推奨されている場合)のみ、このレジストリエントリを使用して、TeamViewerの速度低下などの不要な副作用を回避します。

 

テストpingのトラブルシューティング

テストpingが機能しない場合は、以下の方法をご確認ください。

  • ファイルエクスプローラーを開きます。
    デバイスのアドレスバーに次の文字列を入力し、123.123.123.123をダイアログボックスに表示されているIPアドレス(パートナーのIP)に表示されているIPアドレスに変更します。
    \\ 123.123.123.123 \ c $
  • リモート側からC:ドライブが表示される場合、接続は機能しています。

 

バージョン履歴
改訂番号
4/4
最終更新:
6月
更新者:
 
ラベル(2)
寄稿者: