Windowsグループポリシーを使用してTeamViewerを設定する方法 (バージョン13.1以下)

評価なし

この記事では、コーポレートライセンスを保有のユーザーに該当する内容を扱っています。

重要: この記事はTeamViewerバージョン13.1以下をご利用の方にのみ適用されます。 バージョン13.2以降、TeamViewer MSIはすべてパラメータによって処理されます。詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

この記事では、Windowsグループポリシーを使用して2ステップでTeamViewerを設定する方法をご案内します。

カスタマイズされたTeamViewer ホストモジュールの作成

 

最初のステップは、企業プロファイルのロゴやテキストを含め、独自のブランディングによるTeamViewerホストデザインのカスタマイズです。

TeamViewerマネージメントコンソール内の [カスタマイズ & 配布] に移動して、ホスト モジュールをカスタマイズします。

host.PNG

ホストをカスタマイズしたら、設定IDが生成されます。

MSI group.png

カスタマイズされたTeamViewerを設定するには、ファイル名のTeamViewer_Host.msiを-idcで拡張し、設定IDをこれに付加します。

グループポリシー内で新しいファイル名をソフトウェアパッケージとして設定します。

ファイル名の例: ConfigurationID: hcl79ca  

元のファイル名:TeamViewer_Host.msi  

結果のファイル名:TeamViewer_Host-idchcl79ca.msi

 

注意: 設定IDの前に必ず-idcを付けてください。また、グループポリシーを新しいファイル名と一致するように変更してください。

 

グループポリシーの設定

グループポリシーは以下のように設定できます:

TeamViewerをインストールするすべてのコンピュータからアクセスできるネットワーク共有を作成する必要があります。このネットワーク共有にTeamViewerファイルを配置して、グループポリシーオブジェクトを作成し、これをドメインまたは組織ユニットにリンクします。

TeamViewer MSIパッケージをソフトウェアインストールパッケージとしてこのGPOに追加します。

  1. TeamViewerインストールを受信するすべてのコンピュータにアクセスできるネットワーク共有を作成します。この例では、適切なインストールファイルをすでに含むネットワーク共有を示します。
  1. グループポリシー管理コンソールを起動して、ドメイン (または組織ユニット) の下でグループポリシーオブジェクト (TeamViewer_MSI) を作成します。
  2. 作成されたGPO (グループポリシーオブジェクト) を選択して、GPOが適用されたすべてのコンピュータまたはグループを [セキュリティフィルタリング] セクションに追加します。
  3. GPOを編集して、コンピュータ構成/ソフトウェア設定に移動します。ソフトウェアインストールを右クリックして、新しいパッケージを追加します。
  4. TeamViewer MSI パッケージのネットワーク共有 (UNC) を入力します。
  5. パッケージを開く時に、配備方法を割り当て済みにします。

割り当て確認が表示されないようにするには、サービス接続ポイントを通じて、自動アカウント割り当てをActive Directoryに追加する必要があります。これによって、各ユーザーは、配備後、最初にTeamViewerを起動する時に割り当てを手動で確認する必要がなくなります。

 

TrustConfigID.ps1スクリプトを通じてSCPを作成するには、次の手順に従います: 

  1. ダウンロードされたzipファイルからTrustConfigID.ps1スクリプトを管理者として実行します。右クリックしてスクリプトを実行するか、Windows PowerShellで開きます。
  2. 追加する設定IDを入力して、Enterを押します。
  3. これが追加する最初の設定IDである場合、TeamViewer serviceConnectionPoint (SCP) のパスと名前を入力する必要があります。

 

名前が指定されない場合、デフォルト名はTeamViewerになります。パスが指定されない場合、デフォルトパスはCN=System、DC=domain、DC=comになります。

事前定義された設定Hostに必要な無人アクセスのパスワードでTeamViewerを配備するには、パスワードをTeamViewer_Settings.regファイルにエクスポートする必要があります。

これは、インストールされたTeamViewerの その他 オプション > 詳細からリストの一番下の オプションを*.regファイルにエクスポートする を選択して実行できます。

TeamViewer_Settingsファイルの名前を選択して、MSIパッケージが保存されたのと同じフォルダ保存したら、パネルにパスワードを入力することができます。

バージョン履歴
改訂番号
9/9
最終更新:
‎18 12 2019, 1:40 PM
更新者:
 
寄稿者: