Zoho CRMのTeamViewer統合ユーザーガイド

評価なし

この記事は、TeamViewer コーポレートまたはテンサープランをご購入のお客様に適用されます。

 

 

全般

Zoho CRMのTeamViewer拡張機能により、販売代理店およびセールスエンジニアは、ご購入をご検討のお客様のデバイスに接続して、試用版の設定、製品体験、デモ機能をご利用いただけます。

これは、リモートアクセスへの招待を作成し、インターフェイスを介してワンクリックで共有できます。

強力なTeamViewerクロスプラットフォームソリューションを使用すると、エージェントはどんなデバイスでも顧客に連絡できます。

さらに、統合には接続レポートが含まれ、パフォーマンスの追跡と機能の使用方法の可視化が可能になります。

これにより、最終的に顧客満足度が向上し、見込み客のコンバージョン率が向上します。

 

TeamViewer拡張機能のインストール

Zoho CRMのTeamViewer拡張機能はhttps://marketplace.zoho.com/crm/teamviewer-for-zoho-crmからダウンロードできます。Single-Sign-On-with-Azure-Active-Directory.png

 

TeamViewerリストを開いたら、インストール続行の順にクリックします。次の画面が表示されます。zoho_Download2.png

 

以上で、TeamViewerの利用規約を確認できます。クリックをして後、インストールの続行をクリックして次の手順に進みます。次の画面(下図)で、拡張機能のユーザープロファイルを選択するように求められます。すべてのユーザーにインストールを選択し、確認をクリックします。zoho_Download3.png


インストール後、有効なライセンスを持つTeamViewerアカウントを認証するよう求められます。モーダルで認証をクリックすると、ポップアップウィンドウが開き、TeamViewerアカウントに接続します。ポップアップが表示されない場合は、ブラウザの設定によってポップアップウィンドウがブロックされていないことを確認してください。zoho_Download4.png

 

TeamViewerアカウントの資格情報を要求するポップアップウィンドウで、TeamViewerアカウントの資格情報でログインします。zoho_5.png

 

TeamViewerアカウントに正常にログインすると、Zoho CRM拡張機能の許可を求められます。 許可をクリックすると、接続成功メッセージが表示されます。

このアクションは、組織の管理者ユーザーが1回だけ実行する必要があります。以上で拡張機能を使用する準備が整いました。Zoho_6.png

 

 

TeamViewerテンプレートの管理

TeamViewer拡張機能のインストールには、デフォルトのメールテンプレートが付属されています。管理者は、必要に応じてメールテンプレートを編集できます。

ユーザーは、TeamViewer Templates Moduleを使用して管理できるセッション共有用の複数のテンプレートを持つことができます。モジュールでは、拡張機能のインストール中にデフォルトのセッション共有テンプレートが自動生成されます。

ユーザーは必要な数のテンプレートを追加でき、クライアント内でセッションの詳細を共有しながら使用できます。

テンプレートには、$submittername$sessionlink$agentnameなどの変数を含めて、チケットから対応する値を自動入力できます。zoho_7.png

 

 

TeamViewerセッションの管理

TeamViewer拡張機能を正常にインストールし、ライセンスされたTeamViewerアカウントに接続したら、拡張機能を使用する準備が整います。

リード、連絡先、およびアカウントコンソールから、ユーザーは関連レコードに含まれる連絡先の詳細のセッションを作成できます。

CRM Leads / Contacts / Accounts RecordのViewページに移動すると、右上のバーにTeamViewer Remoteというボタンが表示されます。zoho_8.png

TeamViewer Remoteをクリックすると、次の図に示すように、4つのボタンを持つモーダルボックスが開きます。zoho_9.png

 

サービスケースの作成ボタンをクリックします。これにより、現在開いているCRMレコードで利用可能な連絡先の詳細について、TeamViewerアカウントでサービスケース(セッション)が作成されます。セッションが作成されると、エージェントは作成されたサービスケース番号とセッションリンクを確認できるようになり、顧客と共有できます。 セッションの開始をクリックすると、エージェントのシステムでTeamViewerソフトウェアが自動的に開き、顧客との接続の準備が整います。 TeamViewerアプリケーションのフルバージョンがローカルPCにインストールされていることが前提条件であることにご注意ください。 TeamViewerの最新バージョンをリンクよりダウンロードします。

http://download.teamviewer.com/full 

Zoho_10.png

 

セッションの共有をクリックすると、事前に設定されたメールテンプレートが表示されます。ここには入力された宛先、送信者名、TeamViewer customer_linkとともにチケット履歴に追加されます。 エンドユーザー側では、TeamViewerが既にインストールされていない限り、リンクをクリックすると、ランタイム実行可能TeamViewer クイックサポートがダウンロードおよび実行されます。Zoho_11.png

以上で、サポーターと顧客は作成されたセッションに接続できます。

 

 

 

セッションおよび接続レポート

レコード固有のセッションと接続

ユーザーは、ページビューにてCRMのレコード用に作成されたセッションを確認できます。

CRMレコードの左側のバーに、利用可能なCRMレコードの関連リストのリストがあります。関連リスト名のセッションをクリックすると、以下に示すように、レコードに関連付けられたセッションを表示できます。Zoho_12.png

 

組織固有のセッションと接続

インストール後、ユーザーはTeamViewer Connectionsと呼ばれるCRMのカスタムモジュールを見ることができます。モジュールでは、ユーザーは顧客とのすべての接続を確認できます。 接続レコードでは、ユーザーは接続が行われたCRMセッション、顧客が使用したデバイスID、接続の開始時間と終了時間を確認できます。 接続は毎日1回自動的にCRMに同期され、エージェントは必要に応じて接続のリストページから手動で同期することもできます。Zoho_13.png

 

 

TeamViewerアカウントをZohoから切断する方法

TeamViewerアカウントとZohoアカウントの関連付けを解除するには、設定 > マーケットプレイス > すべてに移動します。そこで、Installed Extensionsを選択し、Zoho CRMのTeamViewerを選択します。 統合セクションで、TeamViewerデータからアクセスを取り消すをクリックします。

取り消しを選択すると、TeamViewerアカウントがZohoアカウントから切断されます。

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07 11 2019, 12:02 PM
更新者:
 
寄稿者: