Microsoftの脆弱性CVE-2020-0601に関するお知らせ

告知

【ウェビナー開催】生産性アップを遠隔サポートで実現

TeamViewerジャパンは10月28日(水)にウェビナーを開催いたします。TeamViewerをただ便利にご利用いただく方法だけでなく、効率良く作業を行いコスト削減に繋げるポイントも合わせてお届けいたします。ご参加費用は無料です!詳細はこちらから

Highlighted
著者: モデレーター モデレーター
モデレーター

Microsoftの脆弱性CVE-2020-0601に関するお知らせ

TeamViewerをご利用のユーザー様へ

昨日、NSAは、MicrosoftWindows®1暗号化機能に影響を及ぼす脆弱性(CVE-2020-0601)が発見されました。
Microsoftからのコメントはこちらから ご確認いただけます。(英文のお知らせとなります。)/ CVE-2020-0601

セキュリティ業界では、この脆弱性が重要であると認知されております。
また当社でもあらゆる脆弱性を重く見ており、こちらの脆弱性につきましても、即日対応し、更新版をリリースいたしております。リリース直後にTeamViewerが実行されるソフトウェアバックボーンだけでなく、企業環境へのパッチ適用を開始しました。

メンテナンス後にご不便ご迷惑をお掛けいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

当社は引き続きセキュリティを最優先し、すべてのユーザーが安心してご利用いただける接続ソリューションを目指すと共に、最善のセキュリティを提供するための投資を行います。

脆弱性に関してお知らせさせて頂きましたが、本件修正がなされTeamViewerを安心してご利用いただけますこと、ここにお知らせいたします。

また、お使いのTeamViewerソフトウェアが常に最新の状態であることをご確認くださいませ。できるだけ早くパッチを適用することをお勧めします。

今後ともTeamViewerを何卒よろしくお願いいたします。