とりあえず始めたテレワーク、うまくいっていますか?

TeamViewerスタッフ

2020年に入り図らずも、“在宅勤務を実施するか”ではなく、“どのようにして問題なくテレワークを実施していくか”を当たり前のように考える企業が多くなってきました。いままではテレワークへの取り組み方を長い時間かけて検討し、月に何度か単発的にテレワークを実施する企業がほとんどでしたが、現在はいかに準備に時間とコストをかけずにテレワークを続けることができるかという考え方にシフトしてきています。

現在、TeamViewerをご利用いただいている多くのお客様がご自宅もしくは社外から、会社のパソコンに接続して業務を継続されています。ご利用いただいているお客様が今年に入り全世界で急増していますが、TeamViewer99.9%以上()の稼働率で安定してサービスを提供しています。
※ TeamViewerではサービスの稼働状況をWebサイトで公開しています。

TeamViewerTeamViewerの本社があるヨーロッパやアメリカではテレワークを簡単に始めることができるサービスとしても広く知られていますが、「テレワークを始めよう」と思ったときにTeamViewerという名前が一番に思い浮かぶ方は、まだまだ日本では多くはないかもしれません。今回は、テレワークを行う上でTeamViewerがどのような位置づけで業務継続を支援することができるか、購入後にどのような流れで設定が必要になるのかをご紹介いたします。また、テレワークを始めたその先に人との接触や移動が制限される中でどのようにTeamViewerをご活用いただだけるかを複数回にわたってお伝えしたいと思います。

これからでも遅くない、なぜTeamViewerを使ってテレワーク?
・テレワークに必要な機能① コミュニケーション
・テレワークに必要な機能② パソコン・アプリケーション操作
・テレワークに必要な機能③ 勤怠の管理

もちろんTeamViewerの日本オフィスでは2020年3月から社員全員がテレワークをベースに仕事をしています。繊細な話などは直接空気感をうかがい知ることができないことで緊張することもありますが、いつもより少し忙しい日々を問題なく過ごしています。

この後複数回にわたり投稿していきますが、直接説明を聞きたい方、費用が知りたい方はぜひこちらのWebフォームよりお気軽にお問い合わせください。すぐにご連絡を差し上げます。