リモートワークプラン接続台数の数え方

告知

『テレワーク+(プラス)』発売中

期間限定でTeamViewerを初めて導入するお客様に便利なパッケージをご提供いたします。

『テレワーク+』に含まれる4つの機能

・端末の遠隔操作

・ウェブ会議

・グループチャット

・ITサポート・管理

詳細はこちらをご覧くださいませ。お申込みはこちらから、また営業担当者へお気軽にご相談もしていただけます。

Highlighted
著者:
二角形

リモートワークプラン接続台数の数え方

 リモートワークプランは3台まで接続とありますが,カウントの仕方を教えてください。

自宅から事務所PC1へ接続するとカウント1。事務所PCから自宅へ接続してもカウントはそのまま1。

事務所のPC2へ別の場所から接続するとカウントは2になるのでしょうか?

この場合,事務所PCにはすべて契約したアカウントのメールアドレス・パスワードを設定すると商用で使用できますか?

商用と個人の線引きが曖昧で判断に困っています。

このような状況を踏まえて,3つの接続のカウント方法を教えてください。

3 受け入れた解答

受理された解決策
Highlighted
著者: モデレーター モデレーター
モデレーター
解決策

Re: リモートワークプラン接続台数の数え方

@かずまっちさん

ご投稿ありがとうございます。

リモートアクセスプランの端末カウント方法について以下ご確認をお願い致します。

  • PC[A]PC[B] = カウント1
  • PC[B] ➡ PC[A] = カウント1 

リモートアクセスプランはエンドポイントベースでカウントされる為、接続先がPC[A]PC[B]の二台となっていることから、上記のご状況ではカウント合計数は2となります。加えてリモートアクセスプランの初期設定方法で、PC[A]に接続する為に、アカウントの割り当てまた有効化作業が必要となります。(詳細はこちらから)

接続をする側(接続元)の端末では同じメールアカウントをご利用されて全く問題ございません。必ず、PC[A]PC[B]の両方が接続先の端末にもなる為、接続先専用のの端末設定をそれぞれして頂く必要がございます。(詳細はこちらから)

PC[A]からPC[B]へ接続する為の設定をしただけでは、PC[B]からPC[A]の接続もできるようになるという仕組みではございませんので、上記の設定を必ずして頂きますようお願い致します。

以上、こちらの情報がお役に立てれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る

Highlighted
著者:
二角形
解決策

Re: リモートワークプラン接続台数の数え方

丁寧な解説ありがとうございます。

接続元と接続先が次のようなケースを想定して質問していました。

接続元PC[A]→接続先PC[B]

接続元PC[C]→接続先PC[D]

接続元,接続先はすべて所有は同一として,アカウントの割り当てや有効化はお互いに設定しておくことで,接続台数は1+1=2という理解でよいでしょうか?

お互いに有効化してしまうとカウント4となるのであれば,

接続先の設定(上記経路)のみ有効化しておくと一方通行でリモートアクセスできるという理解でしょうか。

元の投稿で解決策を見る

1 返信する
Highlighted
著者: モデレーター モデレーター
モデレーター
解決策

Re: リモートワークプラン接続台数の数え方

@かずまっちさん

こちらこそご返信ありがとうございます。

仰る通り、以下のご状況の場合カウントは2となります。一方通行の遠隔操作で問題ない場合はマニュアルより、接続先の設定を接続先PC[B]接続先PC[D]にして頂ければ設定完了です。

  • 接続元PC[A]→接続先PC[B]
  • 接続元PC[C]→接続先PC[D]

補足となりますが、残り何台のエンドポイントに有効化が出来るかはこちらからご確認頂けます。もし宜しければご利用くださいませ。

以上こちらの情報がお役に立てれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る

3 返信
Highlighted
著者: モデレーター モデレーター
モデレーター
解決策

Re: リモートワークプラン接続台数の数え方

@かずまっちさん

ご投稿ありがとうございます。

リモートアクセスプランの端末カウント方法について以下ご確認をお願い致します。

  • PC[A]PC[B] = カウント1
  • PC[B] ➡ PC[A] = カウント1 

リモートアクセスプランはエンドポイントベースでカウントされる為、接続先がPC[A]PC[B]の二台となっていることから、上記のご状況ではカウント合計数は2となります。加えてリモートアクセスプランの初期設定方法で、PC[A]に接続する為に、アカウントの割り当てまた有効化作業が必要となります。(詳細はこちらから)

接続をする側(接続元)の端末では同じメールアカウントをご利用されて全く問題ございません。必ず、PC[A]PC[B]の両方が接続先の端末にもなる為、接続先専用のの端末設定をそれぞれして頂く必要がございます。(詳細はこちらから)

PC[A]からPC[B]へ接続する為の設定をしただけでは、PC[B]からPC[A]の接続もできるようになるという仕組みではございませんので、上記の設定を必ずして頂きますようお願い致します。

以上、こちらの情報がお役に立てれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る

Highlighted
著者:
二角形
解決策

Re: リモートワークプラン接続台数の数え方

丁寧な解説ありがとうございます。

接続元と接続先が次のようなケースを想定して質問していました。

接続元PC[A]→接続先PC[B]

接続元PC[C]→接続先PC[D]

接続元,接続先はすべて所有は同一として,アカウントの割り当てや有効化はお互いに設定しておくことで,接続台数は1+1=2という理解でよいでしょうか?

お互いに有効化してしまうとカウント4となるのであれば,

接続先の設定(上記経路)のみ有効化しておくと一方通行でリモートアクセスできるという理解でしょうか。

元の投稿で解決策を見る

1 返信する
Highlighted
著者: モデレーター モデレーター
モデレーター
解決策

Re: リモートワークプラン接続台数の数え方

@かずまっちさん

こちらこそご返信ありがとうございます。

仰る通り、以下のご状況の場合カウントは2となります。一方通行の遠隔操作で問題ない場合はマニュアルより、接続先の設定を接続先PC[B]接続先PC[D]にして頂ければ設定完了です。

  • 接続元PC[A]→接続先PC[B]
  • 接続元PC[C]→接続先PC[D]

補足となりますが、残り何台のエンドポイントに有効化が出来るかはこちらからご確認頂けます。もし宜しければご利用くださいませ。

以上こちらの情報がお役に立てれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る