クラウドストレージのサポートサービス終了について

Highlighted
著者: モデレーター モデレーター
モデレーター

クラウドストレージのサポートサービス終了について

TeamViewerをご利用のユーザー様へ

平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

2020年8月31日づけで、TeamViewerミーティングおよびリモートコントロールセッションでファイルを共有するためのクラウドストレージのサポートサービスを終了することをお知らせいたします。

この機能のバックエンドサービスが使用できなくなるため、以前のクラウドストレージを提供するバージョン(TeamViewer 10からTeamViewerバージョン15)のすべてのTeamViewerユーザーにこちらが適用されます。

TeamViewerのファイルを共有する方法は以下の通りです。使途に合わせてユーザー様に合った方法をお試しくださいませ。

  • コピーペースト
  • ドラッグドロップ
  • ファイルを送信
  • ファイルボックス
  • ファイル転送

会議やリモートコントロールセッション中、またはリモートコントロールセッションなしでもファイルを共有できます。さまざまなオプションについて詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

2014年末にファイルを共有するためのクラウドストレージの最初のリリース以来、新しいクラウドストレージソリューションを継続的に追加して、最もよく知られたプロバイダーを統合しました。残念ながら、クラウドストレージからのファイルの共有は近年ほとんど使用されておらず、サポート終了をするに至りました。

多くのユーザーに最高のサポートをご提供することを常に目指し、開発リソースを多く使用されている機能に集中させることにより、さらに便利で快適なソフトウェアを提供し続けられるよう今後も尽力して参ります。

この度はユーザー様にご不便ご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡くださいませ。