Blizzのオプション設定について

評価なし

Blizzは、詳細設定や要件に合わせてBlizzをカスタマイズできる様々な設定オプションを提供しています。 

注意: ここで説明する設定の一部はMicrosoft® Windows固有の設定です。他のプラットフォームでは利用できません。

Blizzオプションダイアログボックスに切り替える

ナビゲーションバーの歯車シンボルをクリックし、[オプション]

 Pic 9.png

 

[ヒント]: をクリックします。ログインしている場合は、ユーザープロフィールタブの右上にある鉛筆アイコンをクリックして、オプションに切り替えることができます

プロファイル

[プロファイル]タブで、一般的なアカウント設定を変更できます。

名前 がログインしている間、参加者がミーティング中にを認識できる名前です。 例えば、この名前はチャットやBlizzパネルに表示されます。
電子メールアドレス の電子メールアドレス
新しいパスワード Blizzアカウントのパスワード
パッケージ ショップへのリンク。ショップでは、サブスクリプションモデルを変更できます。
受信メッセージを通知してください チェックボックスをオンにすると、チャットメッセージを受け取った場合に短いメッセージで通知されます。メッセージは画面の右下でポップアップ表示されます。
リスト内のパートナーのみ… これが有効になっている場合、連絡先リストに登録しているパートナーにのみ表示されます。同様に、にメッセージを送信できるのはこれらのパートナーのみとなります。 

 

会議

[会議]タブでは、一般的なミーティングの設定を変更できます。

品質 ドロップダウンリストから、接続設定中に使用する表示品質レベルを選択します。カスタム設定オプションを選択した場合は、カスタム設定ボタンを使用して個々の表示パラメータを調整できます。
参加者インタラクション 他の参加者がミーティング機能を使用できる範囲をドロップダウンリストから選択します。 完全インタラクション:すべてのミーティング参加者がミーティングに参加でき、すべての機能が使用できます。 最小限のインタラクション(プレゼンテーションモード):発表者のみミーティング機能を使用することができます。その他のすべての参加者は、視聴のみ可能になります。但し、ミーティング中に参加者向けにミーティング機能を有効にすることができます。 [カスタム設定]オプションを選択した場合は、詳細ボタンを使用して個々のインタラクションパラメータを調整できます。
画面共有を自動的に開始する 有効にすると、最初の参加者がミーティングに参加するとすぐに画面が送信されます。
コンピュータでの音声と音楽の共有 有効にすると、発表者のコンピュータからサウンドが参加者に転送されます。
ミーティングの自動録画 有効にすると、すべてのミーティングが自動的に録画されます。[Advanced]タブでは、録画を保存するディレクトリを指定できます。
参加者のビデオとVoIPを録画 有効にすると、参加者は、ミーティングが録画された場合にビデオと音声のデータを録画します。無効にすると、画面を除き、ご自身のビデオと音声だけが録画されます。

 

注意: 通信リンクの記録に関する法律上の規定を必ず守るようにしてください。

音声会議

[音声会議]タブでは、音声接続の設定を変更できます。

音声再生  
スピーカー ドロップダウンリストから、VoIP接続からの音声を再生するために使用する再生デバイスまたはスピーカーを選択します。
音量 希望する音声出力音量を調整します。再生ボタンをクリックすると、音量を確認するためのビープ音が鳴ります。
ミュート 有効になっている場合、スピーカーはミュートされます。
音声入力  
マイク ドロップダウンリストから、VoIP接続に使用する録音デバイスまたはマイクを選択します。
音量 マイクの音量を調整します。
ミュート 有効になっている場合、マイクはミュートされます。
シグナル 音声入力シグナルのレベルをグラフィックで表示します。
ノイズ閾値 バックグラウンドノイズを排除します。バックグラウンドノイズを少し除去するには、スライダーを左に移動します。ほとんどのバックグラウンドノイズを除去するには、スライダーを右に移動します。

 

動画

[動画]タブでは、ビデオ接続の設定を変更できます。

ビデオソース ドロップダウンリストから、ビデオ電話会議で画像を送信するために使用するビデオソースを選択します。使用するカメラは、解像度320 x 240ピクセル以上をサポートし、DirectShowドライバを提供する必要があります。適切な機能を確保するため、ウェブカメラの使用を推奨します。
ビデオドライバの設定 ウェブカメラを選択した場合は、こちらで現在のモデルの微調整を行うことができます。
品質 次のオプションから選択できます。 自動(品質と速度の最高の比率を自動的に決定します)  品質の最適化  速度の最適化

カスタム招待

[カスタム招待]タブから、ミーティング招待のためのテンプレートをデザインできます。

件名 招待電子メールの件名として使用されるテキスト
招待メッセージ 招待電子メールのテンプレートテキスト。テキストをカスタマイズできます。これを実行するには、通常のテキストとプレースホルダーを使用できます。
プレースホルダーを電子メール送信 プレースホルダーのリストを開きます。選択したプレースホルダーがカーソルの位置に挿入されます。
招待状をテストする プレースホルダーが模擬テキストで埋められたテキストの最終形式を表示するダイアログボックスを開きます。
リセット デフォルトのテンプレートテキストを復元します。
電話番号 ミーティング用の国ごとに異なるダイアルイン番号を選択します。

インテグレーション

[インテグレーション]タブで、Microsoft Officeの統合の使用について管理することができます。

Microsoft Office統合 対応するボタンを使用すると、Office統合のための機能をインストールまたはアンインストールできます。
状態 ドロップダウンリストでは、Office統合のためのインストール済み機能を有効または無効にすることができます。

連絡先の管理

[連絡先の管理]タブでは、Outlookデータにアクセスするための設定を変更することができます。

Outlookへのアクセスを許可する 有効にすると、Blizzを使用してOutlookに保存されている連絡先にアクセスできます。
プロフィールを使用する BlizzがローカルのOutlookプロファイルにアクセスできるようにするには、このオプションを選択します。ドロップダウンリストを使用して、BlizzがOutlookアカウントのすべてにアクセスすることを許可するのか、1つだけにアクセスすることを許可するのかを指定します。
ユーザー名とパスワードを使用する Blizzがユーザー名とパスワードを使用してOutlookにアクセスできるようにするには、このオプションを選択します。Blizzはこの設定を使用して、様々なデバイスからOutlookデータにアクセスできます。
削除 Outlookからインポートされた連絡先リストからすべての連絡先を削除します。

詳細

[詳細]タブで、Blizzの動作の追加設定を変更することができます。

注意: 高度な設定を変更すると、Blizzが正常に動作しなくなる可能性があります。変更してしまう前に、変更した場合の影響について理解するようにしてください。

次の設定を使用できます。

BlizzをWindowsで起動する 有効にすると、Blizzは自動的に起動し、Windowsが起動した後、Windowsにログインする前にすぐに実行されます。
プロキシ設定 ほとんどの場合、デフォルトのウェブブラウザのプロキシ設定が作動します。但し、プロキシ設定がブラウザに保存されていない場合など、独自の設定を構成することができます。構成ボタンをクリックすると、[プロキシ設定]ダイアログボックスが開きます。そこから、次の設定を使用できます。 プロキシなし:インターネットに直接接続している場合は、この設定を使用します。 設定を自動的に検出する(推奨):Blizzが確立されたプロキシを検索して自動的に使用する場合は、この設定を使用します。 手動プロキシを使用する:この設定を使用して、プロキシサーバーのデータを手動で入力します。
表示言語 Blizzが表示される言語を選択します。[自動]オプションを選択すると、BlizzはOSの言語を使用します。この調整は、必要な言語バージョンがBlizzから入手可能な場合にのみ機能します。それ以外の場合は、英語版が使用されます。この変更を有効にするには、Blizzを再起動する必要があります。
Insider ビルドを受け取る 有効にすると、Blizzの最新の暫定版が自動的に受信されます。この機能は毎日、使用できる更新プログラムをチェックします。
タスクメニューに納める 有効にすると、メインウィンドウが閉じられた後、Blizzはバックグラウンドでアクティブのままになります。Blizzシンボルは、タスクバーの通知領域に引き続き表示されます。このアイコンをクリックしてBlizzを再度開くか、右クリックしてBlizzを閉じることができます。
UDPを使用する 有効にすると、Blizzは高速のUDP接続を確立しようとします。この機能は、定期的な接続中断がある場合にのみ、無効にする必要があります。
セッションレコーディングディレクトリ [ミーティング]タブでBlizzミーティングの自動録画を有効にした場合は、ここでその録画を保存するディレクトリを指定します。
バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎18 9 2018, 11:58 AM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: