ブラックスクリーンの設定方法

評価なし

この記事はビジネス、プレミアム、コーポレート、エンタープライズプランをご利用のユーザーに向けたご案内です。

 

 

全般

ブラックスクリーンを表示」機能を使用すると、リモート先の画面を簡単に黒くすることができます。設定方法は下記をご確認ください。

 

設定方法

リモートコントロール・セッション中

リモートデバイスでのリモートコントロールセッション中にブラックスクリーンを有効にするには、リモートコントロールツールバーの操作①タブをクリックして、ブラックスクリーンを表示②を選択してください。

ブラックスクリーンを有効にするには、TeamViewerモニタドライバをリモートデバイスにインストールする必要があります。ドライバがすでにインストールされている場合は、リモート先の画面がすぐに黒くなります。

インストールされていない場合は、初めて機能を使用するときにインストールするように指示されます。ポップアップが表示されます。 [続行③] をクリックしてドライバをインストールしてください。

2018-12-26 16_30_08-Snipping Tool.png

 

 

注意 : ローカルユーザーは、ご自身のコンピュータにてCtrl + Alt + Delキーを押すことで、この機能を常に無効にすることができます。すべてのモニタ、ビデオカード、マザーボード、またはBIOSがTeamViewerモニタドライバソリューションをサポートしているわけではありません。この機能はブラックスクリーンを使用するために必要となります。 TeamViewerモニタドライバは、ハードウェアベンダの実装に依存しており、互換性がない場合は、一部のホストコンピュータでこの機能を使用できないことがあります。

 

TeamViewerオプション経由

TeamViewer設定を介してTeamViewerモニタードライバをインストールすることもできます。

[その他]  - > [オプション]  - > [詳細]  - > [詳細オプションの表示]  - > [詳細なネットワーク設定]  - > [モニタドライバのインストール]  - > [インストール]の順にクリックして、設定を開きます。

black screen article.png

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
4 週間前
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: