2段階認証のセキュリティコードとアプリのご紹介

100%が役に立ったと言っています (2/2)

この記事は、個人利用、ビジネスプラン、プレミアムプラン、コーポレートプラン、またはテンサープランを持つすべてのTeamViewerをご利用の方に向けたご案内です。

 

 

どのアプリを使用すれば2段階認証のセキュリティコードを生成できますか?

TeamViewerアカウントで2段階認証 (TFA) を使用するには、セキュリティコードを生成することのできる特別な認証アプリをモバイルデバイスで使用する必要があります。

各モバイルプラットフォームでさまざまなアプリを使用することができます。一般的には、TOTP (time-based one-time password) プロトコルをサポートするTFAアプリか、Google Authenticatorと互換性を持つTFAアプリを使用することができます。

例としては、次のアプリが挙げられます:

Android:

iOS:

Windows Phone:

BlackBerry:

Windows、macOS、Linux:

注意:TeamViewerは、このページに挙げられているいずれのアプリも所有または管理していません。弊社はこれらのアプリの動作性能などに関して、サポートや保証は一切出来かねます事ご了承ください。。

 

2段階認証の正しいセキュリティコードの生成に問題がある場合の対応方法について

認証アプリによって生成されるセキュリティコードが機能しない場合、これは、アプリが動作しているモバイルデバイスで時刻が正しくないことが原因である可能性があります。

問題を解決するには、モバイルデバイスの時刻を同期する必要があります。これには、次のオプションのいずれかを実行します:

  • モバイルデバイスの時刻を自動日時に設定する
  • 認証アプリの同期ボタンをタップして時刻を同期する (すべての認証アプリに提供されているわけではない)

認証アプリがセキュリティコードを生成しない場合、最初にTeamViewerアカウントで2段階認証を設定した時に付与された16文字のリカバリコードを使用して2段階認証を無効化することを検討してください。そして、可能であれば別の認証アプリを使用して、改めて2段階認証をセットアップしてください。

注意:有効化されるたびにリカバリコードが変更されるため、2段階認証を無効化して有効化しなおすときは、常に新しいリカバリコードを保存してください。

 

 関連記事

2段階認証ー有効化と無効化

TeamViewerアカウントの2段階認証について

 

バージョン履歴
改訂番号
8/8
最終更新:
‎13 3 2019, 9:51 AM
更新者:
 
ラベル(2)
寄稿者: