Microsoft Dynamics(マイクロソフト ダイナミックス)

評価なし

 

 

概要

Dynamics CRMとTeamViewerとの統合により、CRMサービスクラウドとオンプレミス環境にTeamViewerリモートコントロール機能が組み込まれています。これにより、以下を実現する事が可能となります。

  • CRMサービスケースから直接サポートセッションを作成して参加する
  • 顧客のデバイスを遠隔操作する
  • TeamViewer管理コンソールでのTeamViewerセッションの表示と管理

 

TeamViewerを使用すると、TeamViewer サービスケースを簡単に作成し、Dynamics CRMのケースからリモートサポートを提供することができます。ユーザーとコールセンターのスタッフとのコミュニケーションを最適化することで、リモートトラブルシューティングの質を向上できます。つまりサービスデスクの効率を高め、顧客満足度を大幅に向上させる事が可能となります。

 

注意: Dynamics CRMとTeamViewerの統合は、Microsoft Dynamics CRMでサポートされているブラウザでのみサポートされます。マイクロソフトでは、最新バージョンのInternet Explorerブラウザを推奨しています。

 

必要条件

この機能を使用するには、次の要件を満たす必要があります。

  • メールルーター/ SMTP / Outlook構成は、Microsoft Dynamics CRMで既に構成されていること。

注意: すべてのスクリーンショットは、Microsoft Dynamics CRM2016 On-Premiseに従って使用されています。

  • Dynamics CRM用のTeamViewerインテグレーションは、以下のバージョンのCloudおよびOnpremiseバージョンでサポートされています。
    • Dynamics CRM 2016 - オンラインおよびオンサイト
    • Dynamics 365:オンライン

 

TeamViewer統合のインストールと構成

ここでは、Dynamics CRMクラウドとオンプレミス環境向けのTeamViewer Appのインストールと構成について説明します。また、アプリケーションが提供するさまざまな機能の概要も説明します。

 

インストール

TeamViewerアプリケーションのインストールはオプションです。

TeamViewerをインストールしない場合、TeamViewerセッションに参加/開始しようとすると、TeamViewerの実行型バージョンがダウンロードされます。

それ以外の場合は、TeamViewerウィンドウが自動的に開きます。 TeamViewerアプリケーションをインストールすることをお勧めします。これにより、セッションへの参加に必要な時間が短縮されるためです。ただし、TeamViewerをインストールするには、システムに管理者権限が必要です。

 

TeamViewer Appをインストールするには、以下の手順をご確認ください。

  1. TeamViewerインストーラーをダウンロードするには、次のURLを開きます。https://download.teamviewer.com/download/TeamViewer_Setup.exe
  2. ダウンロードしたアプリケーションを実行します。下の図のように「Basic Installation」オプションを選択し、「Accept -  Finish」ボタンをクリックします

 

2018-08-06 16_23_39-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

  1. ユーザーアカウント制御のダイアログが表示された場合は、「はい」ボタンをクリックします。 TeamViewerのインストールが完了し、完了します。

 

2018-08-06 16_24_43-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

Microsoft DynamicsのTeamViewerの使用

次のいずれかのエンティティに対してサービスケースを作成することができます。

  • アカウント
  • 連絡情報
  • 機会
  • リード
  • ケース

1つのインスタンスごとに1つのサービスケースを作成することができます。サービスケースを作成すると、新しいTeamViewerセッションが開始されます。以下のスナップショットは、TeamViewerと統合するために使用できるさまざまなユーザーインターフェース要素を示しています。スナップショットにはAccountエンティティが表示されますが、統合関連のユーザーインターフェース要素は上記のすべての内容と共通です。

 

2018-08-06 16_25_24-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

上記の画像は、新しく作成されたアカウントレコードの状態を示しています。サービス事例がまだ作成されていないので、「新規サービス事例」ボタンは使用可能状態にありますが、残りのボタンは無効になっています。

 

ここでは、さまざまなボタンの機能の簡単なメモの役割を担っています。

詳細に関して、次のセクションで説明します。

 

新しいサービスケース

名前が示すように、このボタンでは新しいサービスケースを作成することができます。つまり、TeamViewerセッションを確立することができます。このボタンは、この1つのインスタンスに対して有効なサービスケースが存在しない際や、サービスケースが期限切れになっている場合は有効となります。

 

管理者として参加

TeamViewerアプリケーションがシステムにインストールされていない場合、このボタンをクリックすると、一度使用するTeamViewerアプリをダウンロードし、対応するTeamViewerセッションを開きます。それ以外の場合は、関連するTeamViewerセッションを直接開きます。このボタンは、このエンティティインスタンスに対して有効で期限切れでないサービスケースが存在する限り有効になっています。

 

顧客リンクを送信する

このリンクをクリックすると、すべての関連する連絡先(エンティティインスタンスに関連付けられているすべての連絡先)のアドレスを「To」リストに追加したメールクライアントと、エンドユーザがTeamViewerセッションに参加できるようにする関連メールリンクが開きます。このボタンは、このエンティティインスタンスに対して有効で期限切れでないサービスケースが存在する限り有効になっています。

 

サービスケースを閉じる

このボタンをクリックすると、現在のエンティティインスタンスに関連付けられているサービスケースが閉じられます。このボタンは、このエンティティインスタンスに対して有効で期限切れでないサービスケースが存在する限り有効なままです。

 

通知

顧客が現在のエンティティインスタンスに対応するTeamViewerセッションに参加した場合の通知が表示されます。

 

TeamViewerサービスケースの作成

前述のように、新しいサービスケースを作成するには、「新しいサービスケース」ボタンをクリックします。これにより、以下に示すように、TeamViewerサイトを指す新しいポップアップが開きます。ポップアップは、以下のようにブラウザのポップアップブロッカーによってブロックされることがあります。そのような場合、TeamViewerサイトからのポップアップを許可するようブラウザに指示してください。

 

2018-08-03 13_36_24-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

ポップアップが表示されたら、TeamViewerの情報を入力します。 「私はロボットではありません」チェックボックスが表示されない場合は、「ログイン」ボタンをクリックしてください。それ以外の場合は、チェックボックスをオンにして、reCAPTCHAを完了し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

2018-08-03 13_37_47-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

初めてのサポーター/顧客はTeamViewerマネージメントコンソールでデバイスを確認して追加する必要があります。

 

2018-08-03 13_38_20-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

「新しいサービスケース」ボタンが無効になり、以下のスナップショットに示すように、「Admin As Join」、「Customer Linkの送信」、「Close Service Case」ボタンが有効になります。また、サービスケースの詳細も表示されます。

 

2018-08-03 13_39_19-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

これには以下の内容が含まれます。

サービスケースID

作成されたTeamViewerセッションのIDです。

 

サポーターリンク

このリンクをクリックすると、TeamViewerセッションに管理者として参加することができます。 また「管理者として参加する」をクリックすると同じ結果が得られます。

 

カスタマーリンク

顧客リンクの送信」ボタンをクリックすると顧客にメールを送信されます。

 

有効なサービスケース

このフィールドには、サービスケースが有効になるまでの日時が表示されます。(事項区はUTC時刻が表示されます。)「Service Case Valid To Valid」の日付と時刻が期限切れになると、通知ポップアップは表示されません。その顧客の新しい通知を取得するには、「顧客リンクの送信」を通じて顧客に送信する必要があります。その後TeamViewerに参加できます。

 

顧客への顧客リンクの送信

顧客リンクを顧客に送信するには、[顧客リンクの送信]ボタンをクリックします。ボタンをクリックすると、新しいポップアップが開きます。ポップアップには、エンティティに関連するメールテンプレートのリストと、エンティティインスタンスに関連付けられている連絡先のリストが表示されます。

2018-08-03 13_42_25-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

適切なメールテンプレートを選択し、「送信」ボタンをクリックします。 「送信」ボタンをクリックすると、デフォルトのメールクライアントでメールメッセージが開きます。選択した連絡先のメールIDは、[To]リストで利用できます。件名と内容の残りのフィールドには、選択したメールテンプレートに応じた情報が入力されます。

2018-08-03 13_43_23-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

付録を参照して、エンティティに連絡先を追加する方法をご確認ください。

 

TeamViewerセッションに接続する

前述のように、顧客がメールを受信し、顧客リンクをクリックしてTeamViewerセッションに参加すると、Dynamics CRMページに表示される通知メッセージを受信します。通知が表示されたら、次のいずれかを実行してTeamViewerセッションに参加できます。

 

  • TeamViewerセッションに対応する同じエンティティインスタンスにいる場合は、[Admin as Join]または[Supporter]リンクをクリックします。
  • 通知で利用可能なSupporterリンクをクリックします。

 

2018-08-03 13_45_47-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

上記を実行すると、TeamViewerをインストールしていない状態でTeamViewerセッションに参加/開始しようとすると、TeamViewerの実行可能バージョンがダウンロードされます。

それ以外の場合は、TeamViewerウィンドウが自動的に開きます。 TeamViewerセッションに参加すると、顧客には同じことが通知され、画面を表示/制御できるようにするための許可を求められます。顧客がアクセス権を提供すると、セッションが確立され、ユーザーの画面を表示および制御できるようになります。

 

TeamViewerサービスケースの解決

セッションを終了してサポートがこれ以上必要ない場合は、[サービスケースを閉じる]ボタンをクリックしてください。これにより、サービスケースが終了します。これが完了すると、「新しいサービスケース」ボタンが有効になり、「顧客リンクの送信」、「管理者として参加」および「サービスケースを閉じる」ボタンが無効になります。顧客とのセッションを再確立する必要がある場合は、「新しいサービスケース」ボタンをクリックしてください。

 

2018-08-03 13_47_37-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

 

接続レポート(TeamViewer接続履歴)

クローズしたセッションは、[TeamViewer 接続レポート]で表示されます。最近閉じたセッション(TeamViewer接続履歴ページを開いた後に閉じたセッション)を表示するには、最新表示ボタンをクリックします。

 

2018-08-03 13_50_54-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

Microsoft Dynamics CRM APPのTeamViewerセキュリティロール

TeamViewer CRM Appは、Microsoft Dynamics CRMでサポートされているバージョンのAccount、Contact、Case、Lead、およびチャンスエンティティで使用できるようになっています。したがって、TeamViewer CRM Appユーザーのセキュリティロールには、以下のエンティティに対する最低限の権限が必要です。

  1. アカウント
  2. 連絡情報
  3. リード
  4. 機会
  5. ケース
  6. TeamViewerの接続履歴
  7. TeamViewerの最近のセッション
  8. TeamViewerユーザー

 

Microsoft Dynamics CRM管理者とカスタマイザーは、ソリューション "TeamViewer App"で作成されたTeamViewerカスタムエンティティにアクセスできます。 Microsoft Dynamics CRM管理者には、システム管理者というセキュリティロールがあり、Microsoft Dynamics CRMのすべてにアクセスしてカスタマイズするための権限が与えられます。

CRM管理者とカスタマイザーは、アプリケーションの操作を管理します。

カスタマイズの所有者も同様です。カスタマイズ、ユーザー、ワークフロー、プラグイン、アクション、Webリソースはそれらによって実行できます。彼らは特定のエンティティレコードを別のエージェントユーザーまたはチームに送信します。CRMシステムでソリューション(カスタマイズ)もエクスポートします。

 

CRMカスタマイザは、アプリケーションやその他のシステムインテグレーションのカスタマイズを管理します。これらは、ワークフロー、プラグイン、アクション、Webリソースなど、CRMにデプロイされたカスタマイズの所有者です。

 

以下は、TeamViewer App Solutionのカスタムエンティティ(表示名)です。

  1. TeamViewerの会社のレポート
  2. TeamViewerの接続履歴
  3. TeamViewerの現在のセッション
  4. TeamViewerユーザー

 

サポートされているMicrosoft Dynamics CRMバージョンのAppSourceからTeamViewer Appをインストールすると、Microsoft Dynamics CRMシステム管理者は、TeamViewer CRM Appを使用するユーザーに適切なセキュリティロールを与える必要があります。

Microsoft Dynamics CRMシステム管理者には、ユーザーがTeamViewer CRM Appを使用できるようにする2つの選択肢があり、以下にリストされています。

  1. CRMユーザーに対して有効な既存のセキュリティロールに必要なセキュリティロールを追加します。最も高いセキュリティロール権限は、最も低いセキュリティロール権限を追加または上書きが可能となっている事に注意してください。

2018-08-03 13_55_01-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

  1. TeamViewer CRM Appで提供されているセキュリティロール "TeamViewer User"を既存のユーザのセキュリティロールで追加することができます。

 

 

2018-08-03 13_55_39-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

ユーザーがTeamViewer CRMアプリケーションを使用するために必要な最低限のセキュリティロールは、次の表のとおりです。これらのセキュリティ権限とは別に、Microsoft Dynamics CRMにログインするための最小限の権限が必要です。

 

注意:セキュリティロール "TeamViewer User"を持つユーザーは、TeamViewer Connection History、TeamViewer Current Session、およびTeamViewer Userへのユーザーレベルのアクセス権を持ちます。下の画像を参考にしてください。2018-08-03 13_58_00-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

注意: 追加のセキュリティロールは、Microsoft Dynamics CRM管理者がMicrosoft Dynamics CRMの既存の機能に影響を与えることなく追加できますが、セキュリティロールをMS CRMユーザーに割り当てる際は注意が必要です。提案された方法は、開発環境やテスト環境での影響をテストしてから、実稼働環境に展開することをお勧めします。

 

TeamViewerメールテンプレートの作成

TeamViewer CRM Appは、TeamViewerのメールテンプレートを使用して、Account、Contact、Case、Lead、およびチャンスエンティティでTeamViewerカスタマーリンクをMicrosoft Dynamics CRMを通じて顧客に送信することができます。ただし、Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザーは、独自のカスタマイズされたTeamViewerメールテンプレートを作成して顧客に送信できます。 TeamViewerのメールテンプレートを作成するには、Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザが、[設定]> [テンプレート]> [メールテンプレート]の順にカスタマイズする必要があります。

2018-08-03 14_01_37-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

  • TeamViewerのメールテンプレートは、指定されたエンティティのテンプレートタイプである必要があります。たとえば、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザがAccountエンティティ用のTeamViewerメールテンプレートを作成する場合、テンプレートタイプは「アカウント」にする必要があります。

2018-08-03 14_02_26-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

  • TeamViewerのメールテンプレートの名前は、キーワード "TeamViewer Email"で始まる必要があります。たとえば、TeamViewerのメールテンプレートがAccount用に作成されている場合、「Account TeamViewerカスタマーサポートリンク」として提案されています。TeamViewerメールテンプレートの正しい命名は "TeamViewerメールカスタマーサポートリンクアカウント"にする必要があります。ここで、キーワード "TeamViewer Email"は必須です。また「TeamViewer Email」という単語は大文字と小文字を区別しません。

2018-08-03 14_03_45-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

  • メールテンプレートの本文を書き込むには、顧客名のHTMLコード(下の画像に示すように)を使用しないことをお勧めします。理由として、TeamViewerのメールテンプレートが、リード、機会、ケース、エンティティよりテンプレートが認識できない為です。ただし、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、顧客名を自動選択して受信者に送信するように、顧客名のHTMLコードを設定できます。

2018-08-03 14_04_47-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

注意: ユーザー名のHTMLコードは、変数ではなく、受信者に正しく送信されたCRMユーザーの名前であるため、正しいユーザー名を設定します。デフォルトのTeamViewerメールテンプレートでは使用されません。

 

 TeamViewerダッシュボード、ビュー(View)、およびチャートの使用

ダッシュボードを表示するには、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザーのみが、Sales/サービス/マーケティング>ダッシュボード> TeamViewerアクティビティダッシュボードにナビゲートできます。

注意: システム管理者およびシステムカスタマイザー以外のセキュリティロールは、「TeamViewerアクティビティダッシュボード」を表示できません。ただし、Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザは、「TeamViewer Activity Dashboard」にアクセスするためのセキュリティロールに権限を与えることができます。2018-08-03 14_09_44-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、[設定]> [カスタマイズ]> [システムのカスタマイズ]> [ダッシュボード]> [TeamViewerアクティビティダッシュボード]を選択し、[セキュリティロールを有効にする]を選択することによって、 "TeamViewer Activity Dashboard"

2018-08-03 14_11_12-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

2018-08-03 14_11_44-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

 

TeamViewerダッシュボードの作成/編集

Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、新しいTeamViewer関連のダッシュボードを作成することも、既存の「TeamViewerアクティビティダッシュボード」を編集することもできます。

 

新しいTeamViewerダッシュボードの作成

Microsoft Dynamics CRMシステム管理者は、チャート、リスト(ビュー)、フレーム、Webリソース。

 

Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザーは、設定> カスタマイズ>システムのカスタマイズを選択します。

 

TeamViewerに関連するエンティティを開き、ダッシュボードに追加するための要件に従ってビューとチャートを作成することができます。

ビューとグラフを作成する方法についての詳細は、Microsoft Dynamics CRMビューとチャートを作成する手順をGoogleにてお調べください。

Microsoft Dynamics CRMのビューとグラフ作成については別のブログを参照することもできます。

ビューとグラフが作成されたら、ダッシュボードに移動してから、新規をクリックして新しいダッシュボードを作成します。

2018-08-03 14_30_04-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

必要に応じてダッシュボードのレイアウトを選択し、下の画像を参照してください。 [作成]ボタンをクリックします。

 

2018-08-03 14_31_02-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

ダッシュボードに名前を付けます。例「サンプルダッシュボード」をクリックし、レイアウト内のチャートアイコンをクリックします。

次に、以前に作成したレコードタイプ、ビュー、およびグラフを選択します。

[追加]ボタンをクリックすると、ダッシュボードのチャートが作成されます。今すぐダッシュボードと「公開」します。

注意:この新しく作成されたダッシュボードは、デフォルトですべてのセキュリティロールに対して有効になります。このダッシュボードを他のセキュリティロール用に制限するMicrosoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、TeamViewerダッシュボードにアクセスするために必要な/選択されたセキュリティロールに権限を与えることができます。上記の手順を行う事で、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、チャート、リスト(ビュー)、Iframe、Webリソースをダッシュ​​ボードに追加できます。

 

2018-08-03 14_33_22-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

既存のTeamViewerアクティビティダッシュボードの編集

Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザーは、既存のダッシュボードを編集できます。TeamViewerアプリケーション(TeamViewer Activity Dashboard)から提供されます。システム管理者またはシステムカスタマイザーは、[設定]> [カスタマイズ]> [システムのカスタマイズ]> [ダッシュボード]にナビゲートする必要があります。 "TeamViewer Activity Dashboard"をダブルクリックします。

 

2018-08-03 14_34_28-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザは、古いグラフレイアウトをクリックして[コンポーネントの編集]ボタンをクリックすると、既存のグラフを変更できます。システム管理者またはカスタマイザーは、別のチャートを選択します。ボタンセットをクリックして、ダッシュボードを保存して公開します。

 

Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザーは、「削除」ボタンをクリックしてグラフを削除することもできます。ボタンセットをクリックして、ダッシュボードを保存して公開します。

 

同様に、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、レイアウトの幅を増減したり、レイアウトの高さを増減したりすることができます。また、チャート、リスト(Views)、Iフレーム、Webリソースの操作も可能です。

 

2018-08-03 14_36_09-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

TeamViewer Companyレポート(管理者)

Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザーは、組織レベルでTeamViewer Companyレポートのみを表示できます。

 

TeamViewer Companyレポートを表示するには、2つの方法があります。設定を介してナビゲーションする方法と、詳細検索をする方法です。

 

  1. ナビゲーション:設定> TeamViewerエリア>会社レポート(クリックするとエンティティフォームが開きます)

2018-08-03 14_38_17-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

Active TeamViewer Company Reportは、Microsoft Dynamics CRMサポータと顧客の間に確立された成功したTeamViewerセッションをすべて表示します。 TeamViewerの企業レポートには、TeamViewerマネージメントコンソールの企業グループのメンバーが作成したTeamViewerセッションがすべて正常に表示されます。 TeamViewer Company Reportは、グループID内のすべての完了したセッションを表示します。

 2018-08-03 14_39_03-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

  

このActive TeamViewer 企業レポートは、ワークフロースケジューラを介して24時間ごとに更新されますが、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザーは、レポートを手動で更新をされたい場合、「REFRESH REPORT」ボタンをクリックする事で最新の情報を取得できます。

2018-08-03 14_39_57-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png


以下はActive TeamViewer Companyレポートで使用される例です。

  1. エンティティタイプ:TeamViewerセッションが作成されるエンティティの名前。
  2. セッションID:TeamViewerから作成された唯一無二なTeamViewerセッションID。
  3. ユーザーID:TeamViewerグループが共有されているユーザーのユーザーID。
  4. Supporter Name:TeamViewerグループが共有されているユーザーの名前。
  5. 顧客名:「顧客リンクの送信」メールを送信する顧客のフルネーム。
  6. デバイスID:このコンピュータと連絡先リストのエントリに固有のTeamViewer ID。
  7. セッション開始日:TeamViewer接続の開始日時。
  8. セッション終了日:TeamViewer接続の終了日時。
  9. 説明:任意の文字列を格納するために使用されますが、API関数でのみ使用できます。
  10. 注意:TeamViewer接続に関する注記。

 

2018-08-03 14_42_36-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

 

  1. 詳細検索> 探す> TeamViewer 企業Reportを選択し、結果ボタンをクリックします。

2018-08-03 14_43_07-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

"Results"ボタンをクリックすると、Active TeamViewer 企業 Reportがすべて表示されます。

2018-08-03 14_43_44-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

同様に、Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザーは、詳細検索ボタンを使用して、TeamViewer 接続レポート、TeamViewer 最近の接続、およびTeamViewer Userの詳細を取得できます。

TeamViewer Companyレポートのスケジュール設定

TeamViewer Appソリューションには、ワークフロースケジューラを介してTeamViewer Companyレポートを自動的に実行する機能があります。このワークフロースケジューラは10時間ごとに実行され、TeamViewer APIから会社のレポートの詳細を取得します。

 

Microsoft Dynamics CRM管理者またはカスタマイザは、スケジューラのタイミングを

[設定]> [プロセス]に移動し、[TeamViewerワークフロースケジューラ]をクリックします。

 2018-08-03 14_45_12-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

TeamViewerワークフロースケジューラは、青色のマークされた時間間隔キーワード「23時間、59分までのタイムアウト」をクリックすることで設定できます。

2018-08-03 14_46_03-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

「23時間、59分までのタイムアウト」をクリックすると、Microsoft Dynamics CRMシステム管理者またはシステムカスタマイザーが「Dynamic Values」と「After」を選択できる新しいウィンドウが開きます。

「TeamViewerワークフロースケジューラ」を実行する新しい時間枠を設定するには、時間と分を設定します。

2018-08-03 14_47_00-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

注意: TeamViewer Workflowスケジューラは、次のインストールから自動的に実行されます。Microsoft Dynamics CRMでサポートされているバージョンのTeamViewer AppソリューションマイクロソフトDynamics CRMの管理者またはカスタマイザーは、「プロセスセッション」に移動してステータス理由の詳細を取得することによって、TeamViewerワークフロースケジューラのステータスを表示できます。2018-08-03 14_48_39-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

Status Reasonが成功すると、ワークフローはすべてのTeamViewerのレコードを取得します

TeamViewer APIから正常に完了したセッションIDレポートを表示し、CRM TeamViewerレポートエンティティに表示されます。

Status ReasonがCanceled / Failed(失敗)の場合は、ワークフローを手動で開始する必要があります。

 

注意:Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザーは、TeamViewerワークフロースケジューラでステータスの理由でメール通知を作成および設定できます。停止したTeamViewerワークフロースケジューラで通知を受け取ることができません。その後、オンデマンドプロセスを介してTeamViewerワークフロースケジューラを手動で実行できます。

 

 オンデマンドプロセスを通じてTeamViewerワークフロースケジューラを手動で開始する

Microsoft Dynamics CRMの管理者またはカスタマイザは、[設定]> [TeamViewerエリア]> [企業レポート](エンティティフォームを開くにはクリックします)に移動する必要があります。

レコードがない場合は、「新規」ボタンをクリックして新しいダミーレコードを作成し、必要に応じてTeamViewerワークフロースケジューラを実行します。最初にTeamViewer Workflowスケジューラはステータス理由をWaitingと表示し、10時間後に成功します(現在、TeamViewerワークフロースケジューラは10時間設定されています)。

 

 2018-08-03 14_51_13-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

TeamViewer Companyのダミーレコードを作成し、オンデマンドのTeamViewerワークフロースケジューラを実行します。これでTeamViewer Workflowスケジューラが起動します。

2018-08-03 14_52_01-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

2018-08-03 14_52_44-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

TeamViewerプラグインの問題を報告するためにプラグイントレースログを有効にする

Microsoft Dynamics CRMシステム管理者またはシステムカスタマイザーは、プラグイントレースログを有効にして、TeamViewerプラグインのいずれかからエラーを取得できます。 TeamViewer GmbHのサポートチームに連絡して修正を入手することができます。

プラグイントレースログを有効にするためのナビゲーション方法:設定>管理>システム設定>カスタマイズ>プラグインとカスタムワークフローアクティビティトレース

2018-08-03 14_53_53-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

プラグイントレースログを取得するには、Microsoft Dynamics CRMシステム管理者またはシステムカスタマイザーがプラグインとカスタムワークフローアクティビティトレースを「すべて」に設定する必要があります。 その後「OK」をクリックします。

2018-08-03 14_54_49-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

プラグインとカスタムワークフローアクティビティが「すべて」にトレースされると、Microsoft Dynamics CRMシステム管理者またはシステムカスタマイザーは、「プラグイントレースログ」内のすべてのエラーレポートを表示できます。

 

プラグイントレースログへのナビゲート:[設定]> [プラグイントレースログ]をクリックして、フォームを開き、問題ログを表示します。

2018-08-03 14_55_54-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

付録

エンティティへの連絡先の追加

[連絡先]セクションの[+]ボタンをクリックすると、エンティティに連絡先を追加できます。参考までに下記の写真をご確認ください。

 2018-08-03 14_56_59-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

「+」ボタンをクリックすると、連絡先の名前とメールアドレスを追加するためのクイック作成フォームが開きます。連絡先をアカウントにリンクするには、[保存]ボタンをクリックします。

2018-08-03 14_57_37-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

連絡先が作成されて追加されると、次のようにグリッドに表示されます。メールはアカウントの連絡先に送信されます。リードの場合は、アカウントが選択されている場合の案件と案件の場合に、メールはアカウントのプライマリの連絡先に送信されます。

2018-08-03 14_58_21-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

アカウントのプライマリの連絡先を作成するにはプライマリの顧客の検索をクリックし、検索の拡大ボタンをクリックし、「+新規」をクリックして連絡先を作成すると、そのアカウントがプライマリの連絡先としてアカウントに追加されます。

 

2018-08-03 14_59_07-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

クイック作成フォームから連絡先を作成し、アカウント名が作成されたアカウントと同じであることを確認します。

2018-08-03 14_59_48-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

プライマリの連絡先が作成されると、下の画像に示すように、アカウントのフォームにメールIDが表示されます。

2018-08-03 15_00_23-TV User Guide_v0.5.pdf - Adobe Acrobat Reader DC.png

 

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎20 Sep 2018, 12:58 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: