TeamViewerアカウントの2段階認証について

評価なし

 こちらの記事は個人利用の方と全てのライセンスユーザーに該当する内容です。

 

 

全般

TeamViewerアカウントの2段階認証により、セキュリティを向上させ、不正なアクセスからTeamViewerアカウントを保護するこができます。

TeamViewerアカウントにログインするのに、TeamViewerアカウントとは別のパスワード、すなわち2つ目の要素 (セキュリティコード) が必要になります。

TeamViewerアカウントにログインするには、次の内容を入力する必要があります。

  1. メールアドレス
  2. TeamViewerアカウントのパスワード
  3. セキュリティコード

 

2段階認証を有効にする

  1. マネージメントコンソールにサインインをします。
  2.  サインイン後画面右上の、ユーザー名をクリックし、プロファイルの編集を選択します。
  3. 全般  タブの中に2段階認証がございます。その文字の隣に表示されている有効化リンクをクリックし、画面の指示に従います。
  4. プロファイル設定ダイアログの保存ボタンをクリックして、2段階認証の有効化を終了します。

※詳細はこちらからご確認ください。

2段階認証に必要なアプリは、アプリストアからAuthenticator アプリをインストールするか、これらの記事で紹介されているアプリのいずれかを使用してください。

 

ビデオチュートリアルで2段階認証の有効化方法を確認する

(ビデオはTeamViewer バージョン9の際に作られているものですが、現在も同じ内容をこちらでご確認頂けます)

注意: アカウントの2段階認証を有効化すると、TeamViewerバージョン 9 (以降) とTeamViewer マネージメントコンソールにログインできるようになります。

 

セキュリティコードの取得方法

セキュリティコードは、モバイルデバイスの認証アプリによって生成されます。

TeamViewerアカウントで2段階認証を有効にすると、アプリが30秒ごとにセキュリティコードが生成されます。TeamViewerアカウントにログインするときに、アプリに表示されるセキュリティコードを入力する必要があります。

関連情報

この記事に関連する情報を以下のリンクからもご確認いただけます。

バージョン履歴
改訂番号
9/9
最終更新:
‎01 10 2019, 3:24 PM
更新者:
 
寄稿者: